やがみんの作業倉庫

八神秀人のひたすら様々なモノのログ。 仕事やコラム。レビューやレクチャー。なんでも多種多様に! 作業記録としてのブログでもあります。

PG

PG 1/60 「RX-0 ユニコーンガンダム」レビュー製作・塗装 後編

製作塗装編の後編。駆け足気味に一気にいきます!

武装類の処理・塗装

武装は早めに組み上げるのがテンションを落としきらないコツですよね。
唯一パーティングラインがあるバズーカの処理、問題のない所は組み上げた上で塗装。
そのままでも悪くない色分けですが、マスキングや細かく手を加えてディティールアップにつなげていきます。

~塗料レシピ~
バズーカ等黒部分
Mr.カラー C28黒鉄色
Mr.カラー C61焼鉄色  その他諸々

白銀部分 TAMIYA TS76 マイカシルバー(缶)
赤 部分 Mr.メタリックカラー GX202 メタリックレッド
緑 部分 Mr.メタリックカラー GX205 メタリックグリーン

暗い色の本体色は黒鉄・焼鉄を基本として、そこからいろんな会社の塗料を複雑に混ぜています。
廃版塗料なども入っているので、もうこれは再現できない色になりました。
その他の色分け部分の塗料は全てそのままの色を使っています。

IMG_2273
本来の設定色ではないから一番ある意味遊んだ部分

IMG_2272
IMG_2274
赤や銀やら緑やら
案外綺麗な色にできて満足 

IMG_0894
ビームガンの一部などのアルミテープはこんな感じ


サイコフレームの処理・塗装

サイコフレームだけはランナー塗装しています。
理由は「色の確認を細かく全体と照らし合わせながらできる」
   「内部に組み込むパーツが多いので神経質すぎるほどのゲート処理が必要ない」
 為。
~塗料レシピ~
Mr.クリスタルカラー XC03 ルビーレッド
Mr.クリアカラー GX102 ディープクリアレッド微量
Mr.カラー C48 クリアイエロー極微量
ガイアノーツ 蛍光カラー103 蛍光レッド
ルビーレッドの微妙な偏光、蛍光色で発色、このランナーの特性である「集光」特性を強化。
ディープクリアレッドの濃い赤とクリアイエローで微細な色味も調整。
消灯時のきらめき等も再現するための塗装を考えました。

IMG_2373
写真だと微妙にわかりにくい目で確認しつつ4回塗り 
仕上げ塗装はツヤありクリア 

スタンドの処理・塗装

一番大きいと思われるここのパーツ。表面処理は少し。ヒケが強いパーツ部分のみ
塗料レシピは特にないというか、あまりものに近い塗料軍を混ぜたものです。
仕組みは簡易的なので塗装後はサクサク組めます。

IMG_2326
ユニコーンの角をモチーフにしたデザインが素敵 

IMG_2343
これが完成した土台。武器を並べれます。

と、今回はここまでです。塗料レシピ等全部のパーツの紹介が終わりました!!
次回は単純に完成編となります!ではでは(*・ω・)ノ




 

PG 1/60 「RX-0 ユニコーンガンダム」レビュー製作・塗装 前編

個人的にはEP.4が大好きです。
この記事が叩かれたとしても「やったんですよっ!!必死に!!」 と言い返すぐらい。

前回の記事までに「パーツ内容」と「LEDユニット」の説明をしたので、ついに製作編に 入ります。
ちょうどEP.4あたりですね。バナージが自我に芽生えたところらへんです。 

全部の工程を時系列に並べると
  1. ランナーからパーツの切り出し・ゲート処理をしながら、組める所を組んでいく
  2. 組めないパーツは洗浄、表面処理のいるものはやすり掛け。
  3. 全てのパーツを一度超音波洗浄機で洗浄。※サイコフレーム部は後述
  4. マスキング・塗装
  5. チェックしながらクリアランス・個別にパーツ分け
と、簡単に書くとこんな感じです。もちろん文章にすると簡単に見えるだけで、全部の作業を終わらせるまでに
  • ゲート処理、表面処理:約二日
  • 塗装:約七日
  • クリアランスなど細かい直し:約二時間
  •  シール、デカール貼り、墨入れ:約四時間
という一週間を超える修行レベルの作業。楽しかったけど俗世の事を忘れられそうな時間でした。

外装の処理・塗装

 白いパーツは基本的に組む所はありません。
ひたすらパーツと説明書を睨めっこしながら覚え、やすりをかけていく作業。
PGユニコーンガンダムのランナーは”アンダーゲート”なのでバリは目立ちません。
とはいえ雑にニッパーでぱちぱちするとすぐ白化もするので丁寧にいきます。

IMG_2353
白いパーツだけでこの量
~塗料レシピ ~
GSIクレオス社
Mr.クリスタルカラー XC08ムーンストーンパール
Mr.メタリックカラーGX GX213ホワイトシルバー
 白いパーツは元々表面が少し特殊でザラザラしており、いままでのガンプラにない表面です。
 ヒケの処理は丁寧に行いつつ、成型色をできるだけ活かすことにしました。
ムーンストーンパールの”偏光表現”と ホワイトシルバーを微量に使用した”ラメ感”を調色。
塗装工程は色合いを見ながら二回。最後に薄噴きで艶消し。光が当たると輝く質感を目指しました。

IMG_2586
パーツの量が多い為何回もローテーション塗装

IMG_2589
他のパーツも映っていますが、光ってる部分はこんな感じ
 

バックパック・足下部・首回り等の処理・塗装

ゲート処理等は基本的に一緒です。青い部分は引けが目立つところのみ表面処理を行っています。
Lランナーから始まる首・腰回りの微妙なグレーのパーツのヒケがひどいので丁寧に。
 
~塗料レシピ~
青部分
Mr.メタリックカラーGX GX204メタリックブルー 
Mr.クリアカラーGX  GX103ディープクリアブルー

Lランナーパーツ
Mr.メタリックカラーGX GX214アイスシルバー
Mr.カラー C90シャインシルバー
Mr.クリアカラーGX GX101クリアブラック

青部分は最初明るいメタリックブルーにしようとしたのですが、成型色はかなり暗い。
とはいえ設定色の様に作るのもなんだかなぁ。キャンディ塗装でテカテカにするのも・・・。
結果、メタブルーの上から濃いクリアブルーを塗り重ねて深みを出す方向に。
3回塗り後、艶消しを吹きます。

次にLパーツ系。設定色は灰色系。かといってシルバーで塗るのは安易。
偏光の白外装、濃いメタリックブルー、関節は黒系で締めたい。
テストピースを繰り返してアイスシルバーとシャインシルバーで色の調整。上からクリアブラックに決まりました。
こちらは4回塗り。その後艶消し。


IMG_2146
光が当たらないところは濃い青に

IMG_2147
テストピースを何回か作成してこの色に

IMG_2148
このブルーシルバーみたいな色を出すのが一番大変だったなぁ。。。

IMG_2150
バーニア外側もLパーツと同じ色に

関節・内部パーツの処理・塗装

ゲート処理はry
内部パーツのため、組み上げられるところは組み上げます。
膝裏のパイプパーツ以外は色を統一。ここの色で全体的に締まった印象にしたかったので。
ちなみにパイプパーツはゴールドで塗りました。
~塗料レシピ~
Mr.メタリックカラーGX GX201 メタルブラック
Mr.カラーGX GX02ウィノーブラック
Mr.クリスタルカラー XC08ムーンストーンパール
GXメタルブラックは少し白い粒子が荒く見える時があります。塗り方によるんですが、ガンメタ色。
このままだと光によっては白く見えすぎるのでウィノーブラックで透過しない黒色を調整
本当に極少量のムーンストーンパールで細かい白を。エッジのみが光るイメージで。
2回塗りの艶消しです。

IMG_2356
ここのパーツは画像が少なくてここしかありません。。。

以外にも長くなってしまったので、
  • 武器類
  • サイコフレーム
  • 土台
は後半で!ではでは~~~



 

PG 1/60 「RX-0 ユニコーンガンダム」レビューLEDユニット編


PGユニコーンを語る上で絶対に外せないこの部分。
LEDユニット
 今までのガンプラにもLEDをカメラアイやスタビテールに仕込んで光らせる機能はありましたが、
ユニコーンガンダムの様に全身のサイコフレームを光らせるのが”公式”でできる!!
ここがこのプラモの一番の目玉だと思います。 パーツは別料金だけど。

LEDユニットの内容は??

IMG_0745
IMG_0756

外箱はこんな感じ。ユニコーン本体と比べてかなり小さめの箱。
技術の結晶のためか”お値段は新品ゲームソフトが余裕で買えます”
完成品見ると値段なんかどうでもよくなるぐらいの満足感があるので、ここは奮発しましょう。

さて、内容なのですが、動画を撮って投稿したので、内容写真を忘れました
 本当に申し訳ないのですが、動画で細かいところは見てください

なんとなく雰囲気とかを感じていただけると思います。
内容は単純にユニットとパーツの簡易的なものです。

IMG_2082
この写真からでも美しさの一片を感じていただけるかと。
LED電球自体も特殊なのを使用しているとのことですが、それが理由なのか写真を肉眼ではかなり光のイメージが違います。
青色系の波長をもつLEDにはよくあることなのですが、実際はここまで青くは見えません。
IMG_2085
パーツの部分は逆にもっと明るくピンク色に光ります。

こればっかりは肉眼で見てもらわないと感動が伝わりません。
実際組み上げる前にここまで光られちゃうとテンション上がりすぎて変な気分になります。

次回からは塗装のレシピや工程などをお届けいたします。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4245585820281867"
data-ad-slot="4138241560"
data-ad-format="auto">

PG 1/60 「RX-0 ユニコーンガンダム」レビュー開封編

PG 1/60「RX-0-ユニコーンガンダム」
”UNICORN GUNDUM”
~FULL PSYCHO-FRAME PROTOTYPE MOBILE SUIT~ 

IMG_0726

ガンダムタイプで唯一の”変身”タイプのガンダム。初出は小説の「ガンダムUC」より。
一番最初に発売されたMGユニコーンガンダムは私もワクワクで買ったなぁ・・・(2008年??)

当時のMGユニコーンは素組みするだけで時間もかかり、デカールの量も修行と思えるほど。
とはいえ完成して問題点(変形後は膝が曲がらない)などはあってもカッコいいキットの一つですね。

「パーフェクトグレードでいつかは出るだろう!!」との期待通りアニメ終了記念ともいえる2014年11月発売されました!!
このキットを今更ですがレビューしてみたいと思います!!

箱絵・パーツ内容 

IMG_0737
IMG_0736

さすがともいえる箱絵のカッコよさ。ちなみにまだ箱は残してありますw
個人的に同じPGのアストレイレッドフレームも赤の箔押しロゴがカッコよくて好きですが、このスタイリッシュなデザインにバンダイの本気が見えますね。
IMG_0734
IMG_0764

少し見づらいですが上蓋を開けるとデストロイモードの絵が出てくるなど、細かい作りもとてもGood!!

IMG_0765
IMG_0766
箱を開けるとこんな感じ

次はパーツ一覧ですが。。。
大変申し訳ないのですが角のパーツ(Aランナー)の写真が
見当たらないのでBパーツからになります・・・(;´Д`) 

外装・本体装甲が中心から始まります。
Bランナー
IMG_2347

Cランナー

IMG_2349

Dランナー
IMG_2346

Eランナー
IMG_2352

Fランナー
IMG_2351

Gランナー
IMG_0789

サイコフレームパーツが中心の
H・I・J・Kランナー
 
IMG_2327
IMG_2329
IMG_2331
IMG_2329

首回り・腹部・コックピットシート等のL1ランナー
スタンドのカバーのL2ランナー
 
IMG_0783
IMG_0784
ここまででかいパーツで1ランナーとか(小声)

足下部・バックパック類の
M1・2ランナー

IMG_0786
IMG_0785

ここからは関節部や内部パーツ
Nランナー

IMG_2330

Oランナー
IMG_2333

Pランナー
IMG_0880

Qランナー
IMG_0884

ハンドマニュピレーターのRランナー
同時に撮ってしまったビームサーベル部のZランナー
IMG_2332

Sランナー
IMG_0879

Tランナー
IMG_0882

Uランナー
IMG_0883

ビームスプレーガンのVランナー
IMG_0875

唯一の濃い緑色マシンガン部のWランナー
IMG_0873

台座部分のXランナー
※一番大きいパーツで、A4ノートぐらいありますw
IMG_0791

台座の支えYランナー(L1と映ってます)
IMG_0790

多色成型のWAランナー
IMG_2270

シールド部分WBランナー
IMG_2348

バズーカのWCランナー
IMG_0874

WDビームガトリングのWDランナー
IMG_0876

ガンプラではおなじみポリキャップ
PCー0・POMー0

IMG_0881


。。。と怒涛のランナー50弱、総パーツ数約800。
サイコフレーム部分は特殊な樹脂を使用していて、特殊な紫外線で発光するように光を拡散してくれます。
白色の装甲パーツも少し特殊で、指で触れると少しザラザラしている?かのような不思議な感触です。

パーツ内容だけでこれだけ画像がいるパーフェクトグレードに相応しいユニコーンガンダム。
買ったときはテンション爆上がりでしたが、 全塗装をすると決めていた私はその後無心で作り上げたことは次回以降の記事で詳しく書きます。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4245585820281867"
data-ad-slot="1045174363"
data-ad-format="auto">


ギャラリー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RANK
RANK
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード