やがみんの作業倉庫

八神秀人のひたすら様々なモノのログ。 仕事やコラム。レビューやレクチャー。なんでも多種多様に! 作業記録としてのブログでもあります。

MG

MG 1/100 AMX-004-2 キュベレイMk-2 エルピー・プル専用機 レビュー

「ープルプルプルプル!~~~~!ー」

MG 1/100 AMX-004-2 キュベレイMk-2 エルピー・プル専用機

プル可愛いよね。プル。元祖ロリとも言えるプル専用機の紫キュベレイです。
発売はそこそこ古め。白キュベレイが2004年発売、中身が大して変わっていないと思うので、仕組み的には00年代初期MGに分類されるはずです。

おまけに結構大きめのプルちゃん人形と可愛いプルちゃんデカールが付いてきます。
プルちゃんファンの大きいお友達にはたまらないね!

2009110219424617e
箱絵のカッコよさが異常

このプラモ買ったは良いのですが、じつはなんだかんだと5年ぐらい放置していました。
箱から出していないならまだしも、表面処理して、下地色塗って・・・。だらだらと放置・・・。
ごめん、ごめんよキュベレイ。
最近リハビリがてらにやっと作れたので記事を書こうと思います(*・ω・)ノ

IMG_5456

IMG_5457

IMG_5455
まずは5年ほど前の写真から
外装の下地処理したあとにお決まりの黒サフで塗装
本体フレーム部分は好みの色でガツガツ一発塗りしていきます


IMG_5458
MGキュベレイシリーズは塗装しなくても結構ツヤツヤなんですよね
グロスインジェクションというよりはテッカテカ。写真を撮ってないのがアホの極み
というわけで黒立ち上げから銀色に塗装

ここから5年・・・。

IMG_4274

IMG_4275

IMG_4276
綺麗な場所にしまってはいたのですが、さすがに5年放置していたので一度洗浄
そのごクリアパープルでゆっくり色を付けていきます

IMG_4278

IMG_4613
パープルだけでの色味じゃ肉眼で見ると深みが足りない気がしたので
クリアブルーも重ねています。当時の下地処理が甘かったなぁ・・・。

IMG_4614
コンパウンド一回目(細め)

IMG_4615
コンパウンド2回目(仕上げ目)

IMG_4623
コンパウンド3回目(セラミックコンパウンド)

IMG_4625
モデリングワックス塗布後
実際は完璧な中研ぎなんかもやろうと思ったのですが、リハビリなので今回はスルー
パーツごとに微細な色の違いも生まれていたので、全部1から塗り直したくなる→終わらない
今回の目標はあくまでリハビリ。。。そう言い聞かせて次に進みます

IMG_4723
プラモはやっぱりこの組立が最高に楽しいですよねー!
ピンク部分はGXメタリックピンク。5年もたっていたのに良い発色ですw


IMG_4724
フラッシュして撮影してやっとわかる程度なのですが、ツインアイ部分は部分塗装で
無色透明のパーツなのですが、クリアピンクで大まかに塗装後、エナメル塗料黒で目以外を塗りつぶしています
内側に光を反射するようにアルミテープを張り付けて組み立て

IMG_5736
外装取付前。引きで見るとこんな感じ
うほ~、フレームでもキュベレイさんはかっこええわ!!!


FullSizeRender

IMG_4725

IMG_4726
やはりツヤの出し方が甘かったなぁ・・・。でも組み立てて見るとカッコいい
完成しないよりマシマシ!!ある程度妥協も必要です
次へのモチベーションにつなげてこ!


FullSizeRender
キュベレイといえばやはりこの大型バインダーですよね
これが手に持ってみるとやはり大きい

FullSizeRender
組み付け完了!
ここからは一気に写真を投入!

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_4727

FullSizeRender

FullSizeRender
美しい・・・!!!!

まとめ

リハビリ第1号としてはなかなか難易度が高かったキュベレイ。
正確には塗る面積が広くて大きくて、ムラが出やすいんですよね。
ここはまた技術を磨いていくとして・・・。気になったところをザッと書きます!

  • 成型色は綺麗な色!傷にだけ気をつければパチ組みおすすめ!
    とりあえず塗装してしまいましたが、そのまま組んでもカッコいいキュベレイができます。これは素直に凄い。
    メッキパーツではないので丁寧に処理すればゲート跡も目立ちません。
    ツヤツヤ成型品なので傷がつきやすい(目立ちやすい)のが難点か。
    購入時にパーツ同士のこすれ傷なんてあったらちと悲しいかも。
    その場合は素直に磨き布や細かい番手のコンパウンドで磨きましょう。
    これは白キュベレイなら傷は目立たないと思います。
  • おおきい!存在感凄い!
    と、いう事は飾るのが場所を取ります。見て大きいことはわかるのですが、目の前でみると実際違うんですよね。
    飾るスペース(特に横幅)が少ない人はちょっと考えてから。MG2体分は余裕で使います。
    逆に高さは一般的なMGと同じ。フルコーンよりマシです。

  • 足の外装類だけ気持ちハマりが悪い
    これ昔のMGかつ大型キットに多いのですが、少しだけはめ合わせがズレている気がします。
    個体差はあるのでしょうが足パーツのはめ込みだけ少し丁寧に組み立てましょう。
    背面腰部のフィンファンネルコンテナも少しだけタイトな感じがします。

と、こんな感じでしょうか??適度に組み立て難度があった上で、しっかり組めるガンプラですね。
足の組み立てだけ気をつければ初心者でも組めるキットだと思います。
全体的にパーツが大きく、構成がシンプルなので。
個人的には良キット。完成後の満足度も高く、プロポーションも良いです。
飾る時は仁王立ちでもいいですが、スタンドを使用して全身を大きく開くように飾るのもオススメです。
飾る広さがあればw

最後に使用した塗料類ですが、今回はNO調色。
基本的にクレオスのGXカラーを使って塗装しています。
GXメタリックピンクは初めて使用しましたが良い発色ですねー。
MGキュベレイ機会があれば残り2色も作ってみたいものです(*・ω・)ノ








MG 1/100 MBF-02 ストライクルージュ オオトリ装備 Ver.RM レビュー

「―殺されたから殺して、殺したから殺されて、それで本当に最後は平和になるのかよ!?―」

MG 1/100 MBF-02 ストライクルージュ オオトリ装備 Ver.RM

2014-01-16-23-34-06
箱絵がかっこよすぎ
 
機動戦士ガンダムSEEDの放映からもう15年経つことに震えていますw
今回の機体はストライクルージュ
先に謝りますが・・・オオトリ装備の写真が紛失
なので本体だけのレビューとなります・・・。

ちなみに本体だけだと実際「MGエールストライクガンダムVer.RM」と全く同じなので、以前のレビューも参考に。


2014-01-16-23-35-21

2014-01-16-23-52-00
下半身をサクサク組み上げていきます

2014-01-17-01-56-27

2014-01-17-01-09-29
サクッとフレーム完成。完全にエールストライクと同じなのでプロポーションは良好
顔も相変わらずのイケメンフェイス

2014-01-17-01-57-14
フレーム状態で並び立つ
写真ではわかりにくいのですが、通常白ストライクはフレーム色が「グレー」
ルージュは「黒を少し薄めた色」とさりげなくフレーム色も違うんですね

2014-01-21-17-09-49

2014-01-21-18-21-29
外装をつけていきます
ここもストライクと基本的には一緒。組みやすいです

2014-01-21-19-34-12

 
2014-01-21-19-32-05
成型色での再現が素晴らしい
白ストライクと違って淡いピンクが入るのですが、ここがほぼ完ぺきに再現されています

ストライクルージュは基本構造が通常のストライクガンダムと同じです。というか同一なんですよね。
劇中だとイージスガンダム戦で大破したストライクガンダムをモルゲンレーテ社が修理するのですが、その際に余ったパーツで作り上げたストライクガンダムです。
通常のストライクのままではなく、一部最新パーツを使っています。
本来ストライクガンダムはこの「オーブ」の「モルゲンレーテ社」からの技術協力によって作成された機体なのでモルゲンレーテがストライクを修理するのは余裕なんです。
修理時に「パワーエクステンダー」エネルギー効率があがる装備が追加されたため「PS(フェイズシフト)装甲」の供給電力も上がったため、この様な淡い赤系統の装甲色へ変化したわけです。SEED機体ではPS装甲やニュートロンジャマーキャンセラーやらいろんな設定出てくるので面白いですよねー。


2014-01-21-19-36-38

2014-01-21-19-36-13
並び立つ2体
案外素の状態で並ぶのを見るって珍しいですよね
つうか多分劇中でもなかったような??

まとめ

基本的には本体が一緒なので組む難易度は白ストライクと同じで組みやすいです。
本体に関してはストライクと同じ頭のセンサーぐらいか?あとは可動も完璧やし文句を見つける方が大変なレベル。本体はな。

写真が無くて申し訳ないですが
、気になるところは「オオトリ」装備にいくつかあります。
むしろオオトリにしか気になるところがないとも言えますよね
  • 色分けが甘い
    シールで対応する箇所(羽根・ミサイル等)が多め
    羽根自体の成型が薄いので別パーツ化ができなかったのでしょう
    シールが嫌な人は塗装推奨
    少し細長いシールなので時間が経つとはがれる可能性は高いかもしれません

  • オオトリ重すぎ
    重い。一応このセットにはスタンドも付属しているんですが保持力が不安になる事もしばしば。
    まぁ普通に考えて装備全部載せ!みたいなイメージですからそりゃそうだ。

オオトリ関連だけが気になるところですね。しかしこのオオトリ装備はかなり出来がいい。ていうか普通にカッコいいんだよ。


BANDAI公式ページを見ていただくとわかるのですが、オオトリのコンセプトは「エール・ランチャー・ソード」の良い所取りを目指したストライカーパック。
現在発売されているMG系統のストライカーパックをオオトリの後部に接続する事も出来てプレイバリューがかなり高めです。

機構や設定を完全再現するために色分けを捨てた・・・、と考えれば精神衛生上良いかもしれませんw
基本的にはストライクなのでストライクガンダム系列が大好き!なんて人にはおすすめです!

でもでも逆にストライカーパック系統だけ別売りしてくれてもいいですよね、バンダイさん。白(エール)、白(ランチャー、ソード)、ルージュ(オオトリ)、ノワール(ノワール)、E(IWSP)出し過ぎですよぉ・・・。 
 





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4245585820281867"
data-ad-slot="1045174363"
data-ad-format="auto">




 

MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム レビュー

「―俺の声に応えろッ!ユニコーンッ!!―」

MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム

どんだけユニコーン好きなんだ!!ってぐらいユニコーンガンダム振り返ったら作ってますね・・・。驚きです。
PG、MG、HG・・・となんだかんだスケールモデルは制覇してしまいましたねぇ・・・。
もうこの勢いでBB系も制覇したい所です。

  • PGユニコーンガンダム


  • MGユニコーンガンダム2号機


  • HGフルアーマーユニコーンガンダム


  • ヘッドディスプレイ2号機


と、やはりかなり作っていますね・・・。まぁいっか。ユニコーンカッコいいんだもの。

2013-08-19-22-06-11
箱絵

2013-08-20-01-44-24
 もうサクサク組んでいくよ!

2013-08-20-02-34-56

2013-08-20-04-45-28
 
2013-08-20-05-25-16
 
2013-08-20-04-45-45
 同時進行のバンシィと。基本的なパーツは全く一緒
 
2016-04-27-20-28-30
 MGユニコーンが一番最初のユニコーンプラモデルなだけあって、力が入っています
2016-04-27-20-28-53
 初代MGユニコーンは「Ver.Ka」での発売で、現在はこちらの通常盤が主流
大きな違いはデカールですね。Ver.Kaの方が大量に入っております

2016-04-27-20-28-38
 
2016-04-27-20-28-56
 クリアライトブルーのサーベルからはじまりVer.Kaとは青いパーツ系が少し違います

2016-04-27-20-28-49
綺麗な蛍光ピンクのサイコフレーム
当時はワクワクしたものです。まさかPGで光るユニコーンが出るとはなぁ

まとめ

と、いっても実際はバンシィとほとんど同じなんですよね。
バンシィがこのユニコーンを流用した結果、角の色分けなどの不満点が多いので、こちらのユニコーンは不満点が少ないです。アームドアーマーも無いので武器の保持やその他が死んでいるという事もありません。

相変わらず、というかこちらが初代なので当然なのですが、変形後の膝の可動は死んでます。
バンシィの紺色と違い、白色の機体色はウェルドラインやヒケも物凄い目立つわけではありません。
ピンクのパーツ部分もとても綺麗なので、バンシィと比べると作成中華やかです。

あれ?別にバンシィDisってるわけじゃないよ??
一点だけ個人的に気付いたことがあります。
  • バンシィに比べて胸部の変形がキツイ気がする
    実はMGユニコーンは3体ほど作っているんです。
    (Ver.Ka初版、依頼されて作ったフルアーマーユニコーン、そして今回)
    そのどれもが胸部の変形(横に引っぱって広げる)がバンシィより硬いんです。
    多分これは成型色の問題でなにかしらバンシィより滑らかではないのかもしれません。
    バンシィも2体作っているのですが、バンシィの方がスムーズ。
    もちろん勘違いなんて事もあるかもですが、私は白ユニコーンの変形が硬いと感じています。
その他の部分は基本的にMGユニコーン系は全部一緒です。
こちらも同じく財力がある方はPG版を現在は購入するといいかもですが、あえてMG版を購入してからPG版を作成するととても感動が大きいですよ?(*・ω・)ノ




 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4245585820281867"
data-ad-slot="1045174363"
data-ad-format="auto">




MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム 2号機 バンシィ レビュー

「―やるぞ、バナージ。この光は俺達だけで生み出している物じゃない―」

MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム 2号機 バンシィ

2013-08-19-21-44-47
箱絵

顔芸でおなじみのリディ少尉の機体。バンシィです。
なんか気づいたらユニコーン系のMS作りすぎじゃね?ちなみにこのバンシィは4年ほど前に作成。

型番は相変わらず「RX-0」なんですよね。ちなみにフェネクスもRX-0。
他のガンダムシリーズだと型番わけがありそう何ですが、その後のコードネームみたいなものでわけられているようです。

2013-08-20-00-20-54
内部フレームにサイコフレームをガッツリと
1号機のピンクに対して、バンシィはオレンジというか黄色というかな色合い

2013-08-20-01-13-20
もちろん外装をはめていけばしっかり濃紺の状態へ
MGも良くできていましたが、こうやって確認するとPGのユニコーンのパーツわけは凄かったんだなぁ

2013-08-20-02-15-18
 足腰周りまで

2013-08-20-04-06-40

2013-08-20-04-25-46
胸部周り。特徴的なコックピット周りのサイコフレームもしっかり再現

2013-08-20-04-45-45
同時製作していたノーマルユニコーンと

2013-08-20-05-10-03
頭部装着!金色のパーツは本来黄色の単色パーツなので塗装しています

2013-08-20-07-29-25
バンシィにはアームドアーマーがついています
手に持たせるタイプではなく完全にくっついています

2013-08-20-08-11-19
完成!

2013-08-20-08-11-48

2013-08-20-08-12-05
かっこいい。1号機もいいけど2号機の渋さもたまらん

「ー俺の前からッ!!いなくなれぇぇぇっ!!ー」

2013-08-21-15-45-39

2013-08-21-15-48-19

2013-08-21-15-51-09

2013-08-21-15-53-51

2013-08-21-16-03-57

2013-08-21-16-07-20

2013-08-21-16-07-36
変形機構はさすがの一言
なれないと少し胸部の硬さや膝の部分は変形させにくいかもです

2013-08-21-16-08-57
大型のクロー装備アームド・アーマーVN
超振動破壊兵器でシールドとしても運用可能
VNは「Vibro-Nail」の略

2013-08-21-16-17-27
見切れていますが右腕のビーム兵器アームド・アーマーBS
空中からシャンブロを切断したりと高威力
BSは「Beam-Smartgun」の略
VNと同じく展開ギミックがついています

2013-08-21-16-19-20


まとめ

  • 角が気に食わない!
    ここは1号機と大きく違うところかつ一番気に食わない所ですアンテナ中央部の紺色の色分けがシール。
    ここだけは何とか別パーツにしてほしかった・・・。ちなみに画像はシール使用。
    塗装するにも塗装しにくい材質(グロスインジェクションに近い)ので下地処理+マスキングが必要。ここなんとかならなかったのか・・・

  • 同じく黄色系のパーツの成型色が残念
    ここは仕方のない所ですが、成型色が黄色
    グロスインジェクション風のパーツですが寂しい色しています
    (限定盤や覚醒版は金メッキ仕様)

  • MGユニコーンは膝が可動しない
    変形後の事ですが膝の働きがほとんどできません
    これは全MGユニコーンに言えることPG版ではここは改善されています

  • アームドアーマーの保持力
    しょうがない所ではあるのですが、これだけの武装なので重みがあります
    その結果保持力が・・・
    写真撮影のための短い時間は問題ないですが、しっかりそのまま飾ると長時間保持は難しいです

気になるところはこんな感じ個人的には角の色分けは大きくマイナスポイント。
元キットの1号機自体が10年近く前のキットなので可働などは仕方ない所か。

少し下半身が長い気がしますが、プロポーションは良好でPGに比べると手軽に変形機構を楽しみたい人にはお勧めのキット!
パーツ数が多めなので切り出しなどには時間がかかります。組み立てる人は覚悟しましょうw
全くの初心者の方にはデカールの多さも含めて集中力を試されるキットですが、丁寧に作れば大きく失敗するようなところも見当たりません。
RG系を作るよりはマシだと思います。

財力が溢れている方はPGのユニコーンをお勧めします。このキットの問題点や改善点をすべて解消してくれていますからね!





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
やがみんの作業倉庫 - にほんブログ村



MG 1/100 GN-001 ガンダムエクシア(トランザムモードVer) レビュー

「―俺と・・・ともに!そうだ・・・俺が!俺達がッ!ガンダムだッ!!―」

MG 1/100 GN-001 ガンダムエクシア TRANS-AM MODE Ver


_SL1500_
箱絵がかっこよすぎ 

さて、ガンダム00の主人公機エクシアさんです。種と00は根強い人気がありますよね。
エクシアは発表当時は賛否両論の嵐でしたが、かなりカッコいい機体だと思っています。

正確には立体化すると映える機体なんですよねぇ・・・。
今回のこのキットは特に限定商品というわけではなく、劇中の有名なシステム「トランザム」発動状態の特別カラーリング版です。

普段の成型色と違い「グロスインジェクション」と呼ばれる独特のヌメっとしたメタリックの成型色。

2013-02-11-14-12-09

2013-02-11-14-11-28

2013-02-11-14-12-55
足パーツからあふれ出る美しさ。00機体は全体的に細身ですよね
この丸い部分には2枚のクリアパーツが使用されていて、質感が物凄く良いです
シールを貼り、上から平面の無色クリアパーツ、その上から球面の色つきクリアパーツで挟み込みます

2013-02-11-14-15-52
下半身部分。GNコード部分には特殊素材を使用
腿にホログラムシートを挟み込むことによって7色に輝きます

2013-02-11-15-49-06
2013-02-11-15-49-48
胸部。ここは1パーツのクリア成型
シールを下に貼るのですが、驚くべきはこのクリアパーツ
レーザー彫刻によって刻印されているのです!!

2013-02-11-15-49-54
胸部にもGNコード(ホログラムシート)が

2013-02-11-14-54-13

2013-02-11-14-54-42

2013-02-11-14-53-30

2013-02-11-14-54-51
このキットの目玉の一つ。GNドライブ
発光ギミック付なので、これを胸部に入れると・・・

2013-02-11-15-52-56

2013-02-11-15-50-35

2013-02-11-15-50-46
トランザムッ!!と言いたくなるほどにカッコいい
これだけ見れれば満足できるレベルのカッコよさ

2013-02-16-03-33-49

2013-02-16-03-33-56

2013-02-16-03-35-33
フレーム組のエクシアさん。顔の色分けも細かく、所々のGNコードがかっこいい
頭部にもGNコードが組み込まれています

2013-02-16-05-04-11

2013-02-16-05-04-37

2013-02-16-05-05-29
外装全装着

2013-02-16-05-07-22

2013-02-16-05-08-55

2013-02-16-05-07-00

2013-02-16-05-08-18

2013-02-16-05-08-39

2013-02-16-05-06-44
GNドライブ(コンデンサー)は光がかなり強い為、直視すると目がやられますw
とはいえ目が光らないのにここまでかっこいいのは驚きです

 
2013-02-16-05-32-17

2013-02-16-05-32-26
武装類はGNソード、シールドダガー等豊富です
当時の写真があまりないのですが、刃の部分はピンクメッキパーツという豪華仕様 

2013-02-16-15-51-36

2013-02-16-15-52-01
GNソード類は腰にマウント、腕にしっかりジョイントがついていたりと考えられています
ちなみにソレスタルビーイング製のスタンド付きです
 

まとめ

通常のガンダムカラーといえばのトリコロールなのですが、トランザムはピンク系統の色なので少し珍しいですよね。全体色が変化するのはあとはGガンダム系金色に変化する「ハイパーモード」ぐらいですかね?

さて、このキットの気になる点等は・・・

  • グロスインジェクションはウェルドラインが目立つ
    仕方ないことなんです。ここが個人的にグロスの嫌いな所。
    ウェルドラインとは「分離を起こした」部分です。つなぎ目と言えばいいのでしょうか?
    一般の成型色なら研磨したり、塗装すればそれで済む事なのですが、グロスだと面倒。
    というか、パチで組んでカッコいいのが利点なのにウェルドのせいでとなるとなんともなーな点です。
    このエクシアの一番駄目な部分かもしれません。処理施すなら塗装するしなぁ・・・。

  • 腰の連結部等が弱い
    腰部にGNダガーなどをマウントする引き出し式のギミックがあるのですが、ここがあまり強くない。
    スライドも結構タイトなので、外装パーツがポロリする事も。
    ここ以外の腕へのマウントや、GNコンデンサーの装着の爪などはとてもしっかりできています。
    逆に言えばしっかり作られているからタイトなのもありますが、人によってはイライラするかと。

  • 様々な素材を使っているので豪華
    メッキパーツから始まり、LED点灯ギミック。LEDは2つ使用していてとても豪華。
    光漏れを少なくするための加工もしており、かなり考えられてます。
    上でも書きましたが、クリアパーツの丸い部分(膝・肘)は2つのクリアで挟み込む表現方法も独特。ここの質感は本当に素晴らしい。
    ホログラムシートによるケーブル・コードの表現はストレスなく組み上げることができますし、ここもGood!

こんなところです。
全体的にプロポーションも良く、00系のMG機体は良く稼動します。
00ガンダム等と違い、背負いものも無いのでそこらへんはポーズもつけやすく、スタンド付き。

なんだかんだ言ってキット自体の出来は素晴らしいのではないでしょうか?
LEDを別で購入して、通常カラーリング版を安く買うもよし。
簡易的にトランザムカラーが欲しい人は少しお高めのこちらを買うもよし!


パーツのはめ込みが固い所も少なく、パーツ数も少なめ。
初心者にはなかなかお勧めのキットです(*・ω・)ノ










ギャラリー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RANK
RANK
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード