やがみんの作業倉庫

八神秀人のひたすら様々なモノのログ。 仕事やコラム。レビューやレクチャー。なんでも多種多様に! 作業記録としてのブログでもあります。

アコースティックギター

Phoenixカポ 【type R】カポタスト レビュー

ギターを弾くうえで使う人はめっちゃ使う!
使わない人は全くもって使わない!


それが「カポタスト」

カポってなんぞやー??って人は簡単に言うと…
「移調するための道具」です。
カラオケでキー+1とかしたことありません??
あれができるアルトベンリーなグッズです。

難しい話は置いておいて、とりあえずいつもの慣れた弾き方でキーを+1、+2と上げれる道具です。
基本的にはキーを下げるという事はできません。


さてカポの説明をしたところで本題です。
最近Amazonで勢いあるギターアクセサリーメーカーさんがあるんですね。
「phoenix(フェニックス)」さんです。

カポって私結構使うのでなんだかんだ何種類か持っているんですが、まぁ困ることはないので購入!
※キャンペーンで割引だったので
今回はフェニックスカポをレビューしていきたいと思います!(*・ω・)ノ


商品はこちら。
Amazonでしか扱っていないのが少し残念。。。



着弾ッ!!!


IMG_6215
年始に購入!しっかりとしたブリスターの箱に入っています
なかなかオシャレさんですね


IMG_6218
箱を開けるとこんな感じ
ピックのおまけとミニクロスがセット
こういったものでは珍しい保証もついています

IMG_6219
とりあえず装着!硬さは固めですね
私はこれぐらいが好き

IMG_6220
ここ!見てほしい!
ネックに当たる部分がL字にちゃんとゴムが回っているんですよ!
ここしっかり作っているメーカーさんは少ないんですよね

これのおかげでしっかりべた付けもできるし、
ガッとカポをはめても傷つく心配が減るのはすごく良い


音はどんな感じなん??

さて、こんな文章だけで見ても楽器関連は意味がないので簡易的に弾いたものがこちら。




短縮版がこちら↓

使用ギターは某楽器店でジャンクとして壊れていたのを修理した物です。
弦及びカポはphoenixさんのを。
撮影機材はCanonEOS70D、録音は本体マイク。
これで良い音と思ったのなら多分お手持ちのアコースティックギターで良い音出ると思います!


私の個人的意見ですが、この値段で考えると全然問題なし!
カポによっては斜めに取り付けたり、前後の位置調整しないとしっかり押さえられないものが結構多いのですが、これは及第点。
適当な2,000円カポでこれより使いにくかったり音がビビったりするのもあるので。
ただアコギの太めのゲージ【ヘヴィレベル】だと音がビビるかも?と思いますがそもそもそれだけ太い弦を張った上でカポを使うのが限定的か。



あえて語りたい難点としては・・・
ばね自体が強めかつ可動部の硬さと相まって力が必要です。
とはいえ圧力が強すぎると固着したり、逆に抑える力が分散するので圧力の点ではむしろ正解。
バネの強さもありますが、可動部から若干「シャリシャリ」した感触を感じたので私はシリコンスプレーをごく微量塗布しました。
オイルを塗布してもいいかもですが、選定が難しいので持っていればシリコンスプレーが楽。

グリップ部分は少し太い方がいいかも?力のない人への問題点その2ですかね。
対策方法をあえて言うとすれば握り手部分にテープを巻き付けたりゴムチューブをかぶせたりすると力が入りやすいかと。

FullSizeRender

バネ式のカポは収納時こんな感じで頭に挟めるので使いやすくて好きです。
2回目ですがL字にゴムがついているのは本当に素晴らしい。これだけでも個人的には推せる。

こんなところですかね??
私がメインで使用しているカポなんかは4,000円とか超えますし、これと比べるとさすがに質は違いますが、それは比べ方がおかしいかと。

ギタークロスとしては小さめですがある程度の品質のクロスがセットで手に入るのも良いですね。
クロスって安いのだと「薄い眼鏡ふきぃっ!?」みたいなものばかりなので。

180日間の保証がついているのは初心者には嬉しいのでは??
壊れないときはもう絶対に壊れないけど、壊れるときはマッハで壊れるアクセサリーありますからねぇ・・・。

というわけでギター初心者がAmazonでとりあえず購入するならphoenixは選択肢としてアリだと思います!(*・ω・)ノ
これヨドバシカメラとかで販売してくれないかなぁ・・・w











アコースティックギターにストラップピンをつける (+各部清掃メンテ) 【依頼品】

少し前の作業記録になりますが、アコースティックギターの軽い改造+メンテナンスです!
改造といっても「ストラップピン」と呼ばれる物を増設(ネジ打ち作業)するのみなのでそんな大した作業ではありませんw
今回のギターは中古で購入後そのまま整備せず使っていたみたいなので、各部のチェックをして本題であるピンを取り付けます。

IMG_3580
預かってすぐの状態。ストラップをネックに取り付けているので弾きにくいとの事
メーカーはMORRIS(モーリス)のギター。私も初めてのギターはモーリスさんのギターでした
いいですよね、モーリス。音が綺麗ですし。軽く拭いて作業に取り掛かります

各部の清掃、磨き

全体的に見て調べていくと大して痛んではいないのですが、やはりそこそこに汚れがひどいな、と。
気になったのはフレットの小サビ、指板の皮脂汚れあたりは酷かったです。
前オーナーさんはそこそこ弾いていたみたいですが、フレットの減りはそこまでではありません。
と、いうわけでボディの表裏、ネック自体をクリーニング剤で良く拭いてからフレット磨きに入ります。

IMG_3553
まずはマスキングテープでびっちりと指版を保護します
結構汚いのがわかりますかね??

マスキングテープを貼る場合の注意点が一つ
どこかに貼り付けて剥がしてから貼るといいです


少し粘着力を落としてやることによって剥がす時の塗料剥がれ等を防ぎます
今回のモーリスレベルはそうそう剥がれないですが、ラッカー塗装のヴィンテージギターなんかは注意
マスキングテープの粘着力でポロッと塗装が剥がれたりします

お高いギターをやる時はおとなしく工房に持っていくなり、フレットの打ち直しをする方がいいと思います

IMG_3554
マスキング保護したあとは金属磨きなどで優しく、時に強く、丁寧に磨いていきます
今回は金属磨きの王道「ピカール」を使用
実際問題コンパウンド系であればなんでもいいですw
写真はよーく磨いた後に何もつけていない布でしっかり拭き取った後です
フレットの輝きが戻ったのがわかります??


IMG_3555
磨き終えたのでマスキングテープを剥がします

IMG_3556
ぴかぴかー(*・ω・)ノ

IMG_3558
指版は手汗や手垢などの汚れなので溶液と歯ブラシで清掃
アルカリ溶液系だと綺麗になりますが、あまり強くない物を推奨
今回は中性洗剤にお湯+重曹をまぜたもので掃除しています
ほんの少し指版に垂らす→歯ブラシを小刻みに動かして汚れを浮かす→
硬く絞った濡れた布などでしっかり拭き取る

結構きれいになりました!
最後に指板に専用のコート剤でコーティングをしておきます

IMG_3557
ボディはササッと綺麗にしちゃいます
ポリッシング剤やレモンオイルなんかでいいです

ストラップピンの取り付け

メインディッシュのピンの取り付けです。
エンドピンは刺さっているタイプなのでネック側にストラップピンを1個取り付けるだけで終わりそうです。

IMG_3594
楽器屋さんで購入してきたピン
ある程度の大きさ(太さ)があればお好みの物で大丈夫です

IMG_3595
なんとなく位置を決めておきます
ピンの取付け位置はいくつかあるんです
写真の様にネック基部のここに付けたり、基部の真横に付けたり
ここより大きくずれて、ギターを抱えた時の上側ボディ側に付けたりと様々です
(ボディ部分に取り付ける場合は少し作業が必要です)
依頼者さんは写真の様にシンプルな位置が希望なのでここに取り付けます

IMG_3596

IMG_3597
位置を決めたら下穴を作ります。今回はピンバイスで開けていきます
最初は小さい穴をあけて、少しずつ大きくピンバイスを3回ほど持ち替えて開口
こういったドリル工具がどうしてもない場合はキリなんかでもいいですが、調整が難しくなります
下穴の長さ(深さ)ですが大体ねじ込むネジの長さの3分の1程度です
(ストラップピンのネジは”本体に刺さっていない”部分があるためそこを計算してね!)

IMG_3598
下穴が開いたら、ピンと同封されている木ネジを締めていきます
ネジ打ちの基本ですが「真下(ネジをうつ方向)に力を入れながら回す」事が基本です
ギターの場合床に置いて力を入れるのは厳しいので私はアグラをかいて、その上で締めています
一気にドライバーを回すより何回かに分けてゆっくりしめていきましょう

IMG_3599
木ネジは締めればどこまでも入っていくので、締めすぎ注意!
これで完成です!ガタツキや浮きが無いかを確認します

IMG_3601
最後にギターストラップを通してみて最終チェック!

ふー!終わ・・・ってないんだなぁ!これが!!
実は細かいチェックをしているとネック上部、0フレット1弦側に割れを発見してしまいました。
どうしようかなーと思ったのですが直せそうなので直します。

EX:ネックのヒビ修理

修理と言っても簡単です。大きく割れていなかったので、簡易的に直していきたいと思います。
用意するのは水溶き木工用ボンド。
爪楊枝やスポイト等でヒビによーく染み込ませます。

IMG_3581

IMG_3582
わかります?細い弦(1弦)のすぐ近くに薄く白い線が入っているところが該当部です
こんな感じでボンドを染み込ませた後に余分なボンドは濡れタオルなどで拭き取ります

IMG_3559
しっかりボンドを入れたらクッション材でネックを保護し
クランプやバイスなどでしっかり締め付けて固定します
あとは乾燥すれば終了です!

メンテナンス終了!

と、こんな感じでモーリスちゃんは生まれ変わったかのように綺麗になりました!
まぁ最後の引きの写真取り忘れちゃって今ここに貼れないのを後悔しているんですけど。

キリがないので今回は省きましたが、トラスロッドにてネックの調整、ブリッジ側の弦高調整、ナット溝の調整などをしています。
試奏してみると物凄い良い音!!!フレットの引っかかりも無くなったので弾きやすい!!
エレキギターと違いアコースティックギターはアナログ音なので調整してあげたい所ですね!
依頼人さんに弾いてみてもらった時も「これ、同じギター・・・?こんなに違うの・・・?」と褒めてもらいました(*・ω・)ノ

丁寧にメンテナンスすればギターは一生ものですし、メンテナンスした分、音に帰ってくるので是非とも定期的にメンテナンスしましょう!












Takamine DMP-561B レビュー

おお。そうだ本来の仕事を忘れがちだけど私ミュージシャンだったわ。
そんな私の大事な商売道具の一つ。楽器。

楽器とかカッコつけましたが基本的に演奏できるものはギターとベース
ベースは今手持ちがないので実際はギターのみです。
ドラムは8ビートなら何とかwピアノは作曲に使うのは出来ますがライブで弾くレベルではないですw

アコースティックギター系でLIVEにも未だに使用しているタカミネのギター。
昔のブログを発掘していたら購入時の記録が残っていたので懐かしかったもんで記事にすることにしました(*・ω・)ノ

エレクトリックアコースティックギター
Takamine DMP-561B

t02200293_0240032010412939219

購入時はなんと2010年の2月でした。最近はあまり触れてませんがもう7年以上の付き合いなんですね。
できるだけ購入時の事を思い出してみると、一度辞めた音楽に復帰して、LIVEやレコーディングが増えたころ。
高校生1年の時にバイト代で買ったYAMAHAのエレアコを長年使っていたのですが劣化やダメージも大きく大きい現場にも対応したいと思ったため購入を決意。

試奏や情報をいろいろ集めて本来の購入予定だったYAMAHA系ではなくタカミネを選択。
ガッツリローン組んで購入したんだよなぁ・・・w
購入店舗は石橋楽器。当時の店員さんは元気にしているんだろうか・・・。
このギターですが本来は「DMP-561C BL」と呼ばれるタイプ。ピックアップを変更した店舗モデルです。

タカミネのエレアコは000系、500系など種類があるのですが、500系は中型。
内部の容量を大きめにとっているため、音のなりも良いんです。


スペック
TOP: SOLID SPRUCE
BACK: SOLID SAPELE
SIDES: SAPELE
NECK: MAHOGANY
FINGER BOARD: ROSEWOOD
SCALE: 644mm
NUT WIDTH: 42mm
PRE-AMP: CT4-DX (DMP)
POSITION MARK: ORIGINAL DIAMOND
ボディのTOP&BACKは単板なので音への悪影響は無し。
まぁこの価格帯だと無理ですがローズウッドだとたまらんのですがね。
タカミネギターの特徴の一つ「左右非対称ネック」のおかげで運指がとても楽に行えます。
一般的なネックで慣れていると自分が急激に上手くなったのかと錯覚するほど。

t02200293_0240032010412931540
プリアンプはCT4-DX。ユニット方式のビルトインタイプです。
このプリアンプの凄い所はチューナーが搭載されており、EQ・2系統のピックアップ調整ができる所。
パラスティックピックアップと呼ばれるタカミネ製のギターに搭載されている独自のシステムです。
ノッチフィルターも含めてハウリング対策が物凄い。
100%ないわけではないですが、私も数える程度しか経験していないレベル。
電池駆動9V×2の18Vのパワフルな電源を搭載しているのでアンプに繋げた時の化け方が凄いです。

パラスティックピックアップについてはこちら


タカミネにしかないもう一つの特徴としてはこのダブルサドル。
一本だけの従来のギターと違い、1,2弦・3,4,5,6弦で分離。
巻弦とプレーン弦の違いを調整しているためピッチのずれが少ないんです。
外観も一風違ったギターに見えるのでそこも高く評価できる点です。

t02200293_0240032010412938001

t02200293_0240032010412937999

t02200293_0240032010412938003
ネックの形状も独特

音はどんな感じ?

さて、楽器なのに文章だけ書きまくってもしかたありません!
実際の音を聞いてもら・・・いたい所なのですが、2010年のライブ生放送のキャプぐらいしかないのが実情。
仕方ないのでそちらを貼り付けます汗





少しは伝わるでしょうか・・・??

良い点・悪い点

良い点
  • とにかく弾きやすい
    ここ結局どんなギターでも重要な所なんですよね。ボディは大きすぎず、小さすぎず。
    ネックの左右非対称なだけでここまで弾きやすいのかと驚きます。
    ボディもカットされているのでハイポジションも容易。

  • ピックアップの操作が容易
    ここも重要。チューナーもLED方式なので暗い現場でも問題なく使用可能。
    コントロール部分も持った時に胸のあたりに来るので間違えて触る事も少ないです。
    エレキだとたまに場所が悪いやつとかあるんですよね・・・。

  • 全体的にバランスがいい
    雑な説明になるのですが基本的に優秀かつ万能なギター。
    ネックの形状もあるのですが弦交換もストレスを感じません(通常のアコースティックギターだとペグ位置が微妙で弦に負担があるものも)
    個性が強い音色ではないですが、逆にどんなものでも合わせられる。
    生音もそこそこのボリュームが出るし、ラインを繋げれば本領発揮。値段分の仕事は十分してくれます。

悪い点
  • 改造する場合には覚悟が必要
    いや、通常のギターだって覚悟は必要なんですけどねw
    ダブルサドルの為簡単にサドル交換ができず、パラスティックピックアップの構造が少し特殊なので交換すれば鳴らなくなる恐れも。
    サドルを削るなどのの微調整も普通の物より神経を使います。
    仕組みを理解していれば問題はないのですが簡単に交換ができない所は難点かな、、、と

  • 打音は拾わない
    ここはピエゾタイプなので仕方のない点。
    サドル下の振動から音を拾うタイプなのでスラップなどの演奏では音をあまり拾いません。
    このギターがなのか他のエレアコよりも打音を拾わない感じがします。
    どうしても打音を入れたい!!となるならマイク式ですが、増設すればハウリング。
    EQも無しになるので音が作れない。ピックアップ全交換するのは構造上面倒。
    改造より新しいギターを買った方が安い・早い・上手いです。

  • 電池2本・・・
    18Vのパワフル!!ここは本当に素晴らしいんです。
    しかし使い方にもよりますが片方の電池だけ元気がなくなるパターンがたまに。
    直列での使用の筈なのですが何故に片方だけ??
    もちろん毎回消耗するわけではないですし、LIVE前には新品に変えておくのは基本なので良いと言えばいいのですが、毎回2本以上ストックを持っておくのを「忘れがち」気をつければいいだけなんですが、どっかのメーカーさんが18V電池とか作ってくれませんかねぇ・・・。

このギターとは何度も語り合ったのでいろいろな点が見えています。
総評としては結局大満足なんですよね。
第一良い所も悪い所も含めて自分の相棒として育てていけるのがギターの良い所なんです。
実際ライブやレコーディング、遊びで弾くときも及第点を叩きだしてくれる。
オベーションやヤイリみたいに他のエレアコもいいのですが、結局これを購入してからエレアコ新しいのを買うか!!みたいなのは実は起こっていないんですよね。これって実は凄く良いことじゃない??
サイレントギターだけは購入しましたが汗

t02200293_0240032010412938003
というわけでもう7年もの付き合いのタカミネちゃん。これからもよろしくね(*・ω・)ノ







style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4245585820281867"
data-ad-slot="4138241560"
data-ad-format="auto">







ギャラリー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RANK
RANK
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード