やがみんの作業倉庫

八神秀人のひたすら様々なモノのログ。 仕事やコラム。レビューやレクチャー。なんでも多種多様に! 作業記録としてのブログでもあります。

スマートフォン

apple iPhone12Pro 256GB レビュー

もう5年程度ずーっと使用していた僕の愛機「iPhone6S」ちゃん。
丁寧に使っていたので故障や割れなども無かったのですが、最近のアプリの重さや容量不足に悩まされてました。


1年ほど前から


さて最近のiPhoneというかスマートフォンって高すぎる!!
2年使えば機種変更一括0円を長年味わっていた世代には10万円とか簡単にいってしまうスマホ高いよぉ・・・。恨むぞ総務省・・・。まぁ月額やMNP手数料などは本当に安くなってきているとは思うけどね・・・。


以前父親のOppoA73を設定したりしてandroid系列のOSも悪くないと思ったので、ここはずっと興味があった「GALAXY note10+/20ultra」等のサムスンも悪くないかなーと思ったのですが、え、おま。iPhoneより高いじゃん。馬鹿なの??となり結局iPhoneにしようかと。

ポイントも溜まったし、いろいろキャンペーン付けたら安くなるしでもうここは思い切って購入してやろう!!と思い立ち、新しいiPhoneを購入しました!!

ひゃっはー!!
これでLINEも開くし、プリコネでプリコロちゃんのUBはとまらなくなるし、ウマ娘もできるぞぉ!!!やったね!タエちゃん!


iPhoneを購入するに至って2021年5月現在候補に挙がるのは5機種でしょうか??
  • iPhoneSE(第2世代)
    CPUはiPhone11と一緒。サイズ感はiPhone6Sなどと一緒
    ホームボタンあり
    実売価格が5万円程度

  • iPhone12mini
    iPhone12の小型版。基本性能・機能は一緒
    サイズ感はiPhone6Sなどに似ている。ホームボタンは無し、2眼カメラ
    MagSafe(磁石でアクセサリやワイヤレス充電器を取り付けられる)対応
    ラウンドエッジ(6以降の丸みを帯びたデザイン)からフラットエッジ(4や5の平面デザイン)に変更
    実売価格が8万円程度

  • iPhone12
    サイズ感はiPhone11などに似ている。MagSafe機能
    フラットエッジ、2眼カメラ
    カラーバリエーションが一番豊富
    実売価格が10万円程度

  • iPhone12pro
    12系統の上位版。12に搭載されている機能はもちろん全て使えます
    12、12miniと比べてCPUは変わらないがメモリが6Gに(12、12miniは4G)
    カメラが3眼。LiDARスキャナーと呼ばれる3D立体計測機能付き
    カラーバリエーションは少ないが素材や色が高級品質(医療用ステンレス)のものを使用
    写真保存形式に「RAW」追加、60fpsでビデオ撮影可能(12、12miniは30fpsまで)
    実売価格が12万円程度

  • iPhone12pro MAX
    基本性能は12proと一緒、画面の大型化(6.7インチ)
    カメラのイメージセンサーが12proより少し大きい(高画質)
    実売価格が13万円程度
と、こんな感じです。
ここから用途によって分けるなら3つにわけられるかと。

  • 「iPhoneSE(第2世代)」
    使っているSIMカードが4G(LTE)通信ホームボタン&指紋認証が欲しい、小さいスマホが良い、片手操作をしたい、安く高性能ならこれ

  • 「iPhone12mini・iPhone12」
    使っているSIMカードが5G通信、または5G対応規格、そこそこ大きい画面が良い、顔認証が欲しい、最新機の機能などを使いたいけど少しでも値段を抑えたいならこれ


  • 「iPhone12pro・iPhone12pro MAX」
    ハイスペックなカメラ機能のスマホが欲しい、大きくても気にならない、メモリも大きくしてサクサクゲームをしたい、3D/AR計測機能を使いたいならこれ

という感じでしょうか。
iPhone12系統は「5Gしか使えません」
使っている携帯のSIMカードが3大キャリア(au,docomo,softbank)4G回線の場合切り替えなくてはいけません。
実際は4G回線SIMを入れてもドコモ・ソフバンは使えるようでもありますが自己責任になり、auは絶対に繋がりません。auの人は4G→5G切り替えが必須となります。

私は気づかなかったので後々切り替えることになりますw


ちなみに楽天モバイル等の各社MVNOは切り替えなくても使える事が多いみたいです。
(各社の動作保証機種を調べてください)

5G回線に切り替えると月々の支払いが大幅に変わる!!4G回線で使いたい!って方はiPhoneSEか中古のiPhone11などが選択肢です。


なんだかんだ迷った挙句私は「iPhone12pro」にしました。
理由としては「カメラ機能」「メモリが6G」が大きな選択理由です。

物理スペック類はどうしようもないですし、パソコンみたいに改造もできないですから、長年使うことを視野に入れるかつ中古品を使わないなら良い物を購入した方が良いなと
逆にproMAXまで大型化するとポケットに入りませんし、片手で操作できなくなります。
(いうてもうiPhoneX系統あたりから大分片手操作は辛いですね、女性は多分無理)

proMAXがカメラ機能としては最高機種なのですが、私そもそも一眼レフあるしそこまで追求しなくてもなぁーってのもMAXにしなかった理由でもあります。
(そんな贅沢な事はしませんが家で使うサブスマホとしてならproMAX使うかも?というかそこまでするならiPad買おうよ!むしろiPadが欲しいわ!!)

ふー、なんだこれ。まさかの前置き長すぎひん??
というわけで今回は購入した新しいiPhone12proのレビューといきますね!(*・ω・)ノ


apple iPhone12pro 256GB

IMG_6593
着!!弾!!今回は諸事情によりヤマダ電機で購入
うひょー!テンション上がるー!!
って、あれ??なんか君薄くない??

IMG_6597

IMG_6598

IMG_6601
保管してあったiPhone6Sの箱と撮影
最近のiPhoneはUSBのACコネクタやイヤフォンが入ってないらしくここまで小型化しているんですね
うーん、正直そこら辺の付属物欲しいんですよね

でも、薄くなったことによって高級感?みたいなのが少し増えたような?
まぁ気のせいですねw

IMG_6602
本体カラーは「パシフィックブルー」を選択
今まで所持していたiPhoneはほとんど黒系統ばかりだったのですが、実機の美しさに目を奪われて珍しく青系統のこちらを選択

Proのカラーバリエーションはこの他に
「ゴールド」「グラファライト」「シルバー」の計4色

IMG_6606
大きな付属品はUSB-CのLightningケーブルのみ
20WのC-TypeのACコネクタに接続することで高速充電ができるようになります
えー、つけてよー、ACコネクター

所持しているのであれば、一応今までの通常ライトニングケーブルでも使用は可能です
その他にはappleシールとSIMピン抜きがセットされています

IMG_6604
iPhone側面はサージカルステンレスを使用した鏡面使用のメタリック
クッソカッコいいです。これはケースつけないで使用したいぐらい美しい・・・

IMG_6607
本体背面のブルー部分は光の反射によって魅せる色合いが変わります
明るくなったり、暗くなったりと高級感が凄い

IMG_6608
カメラ部分は濃い目のブルーメタリックワンポイントがまた素敵

IMG_6610
第一印象は「でけぇ」そりゃそうだiPhone6Sからの移行なので大きさに驚きます
本体の大型化+ホームボタンが無くなった分かなりの大きさに感じます

iPhone12シリーズには「Ceramic Shield」と呼ばれる超強化ガラスが使われているそうですが、強度的にそんなに変わるんでしょうか?まぁカッコいいから良いよね!!

IMG_6612

IMG_6614
というわけでiPhone6Sちゃんと並べて撮影
(ガラスフィルム汚すぎてこの後張り替えました・・・)
いやー、シンプルに大きい。見やすいというよりかは没入感?みたいなのが凄いですね

少し黄色っぽく見えるのはナイトモード(夜に目が疲れないようにするため色味を変える)という機能のせいです
実際の通常時にはしっかりと綺麗な発色をしてくれて美しいです


ケースや保護フィルム類

このまま美しいiPhoneをむき出しで使いたい気持ちはあるのですが、さすがに擦れや傷なんかを考えるとやはり裸のままで使用はできませんね・・・。
新機能のMagSafeも使ってみたいですが、まぁここは仕方のないことなので保護していきます。

今までは「手帳型」のケースを使っていたのですが、せっかくですから背面の美しい所だけはなんとか見ていたい・・・欲を言えば側面の鏡面も・・・。。。


とはいえ全部載せのケースなんてないですからあきらめて側面は妥協。
裏面が透明になっているPGA社の「PG-20 GGF04 ガラスタフフリップカバー」を購入。

カメラ部分が大きいのとケースを取り付けてもむき出しになるため、初めてカメラ用ガラスフィルムも同時購入。
ALLONE製「ALK-12PCLGF」というiPhone12pro用の物です

IMG_6616
ケースのガラスは一応9Hなのでかなり硬いはず!
まぁ硬さより透明なので美しい背面が見れるかつ手帳なのが選択ポイントです
カメラ用フィルムも同様

IMG_6617
本体色に合わせてカラーはネイビー
こういった紺色系の物って手持ちに少ないので私の中では珍しいです

IMG_6618
少し光量が失敗して写真の色味がおかしいです汗
一般的な手帳ケースと同じでカードが挿せるようになっています
作りもそこそこ頑丈で、本体保持部分は弾力のある合成ゴム製

IMG_6619
蓋の部分にマグネットが仕込んであるので「パタッ」と小気味よく閉じれます
表面に通話用の穴は開いていないので人によってはデメリットかもしれないですね

IMG_6620
装着状態の裏面
理想とするイメージでしっかり背面パネルが見えてて嬉しい!
ただガラスなので指紋がつきやすいです。自己満足なのでOKOK

IMG_6621
装着して開いた状態はこんな感じ
画面のフチ部分が少し盛り上がっている形状なので角当たりなども安心感があります
操作感も悪くない

IMG_6622
カメラ用フィルムのほうです。こちらもしっかり硬度9H
フラッシュ部分にゴムリングが仕込んであるので拡散しにくいつくりになっています
これが無い場合ガラス面に光が反射し、白飛びした写真になりやすくなります

ガラスフィルムを張り付けていることでゴーストやフレアと呼ばれる現象が起きやすくなりますが、まぁ使ってみて問題があれば外すつもりで

IMG_6623
溝が切ってある分貼り付けは簡単でした
メタリック部分もしっかり透けていますし、何枚か撮影しましたが特に問題はなさそう
ぱっと見カメラ部分に張り付いているようには見えませんね
大満足!!

IMG_6624
このままだとイヤホンなどが使えないため、ついでに公式変換コネクタとイヤホンマイクも購入
オーディオテクニカの「ATH-C505iS」ですね
スマホ全般用とiPhone用で分かれているのですが2倍ほど値段が違うのでスマホ用を選択
このイヤホン音は悪くないのですが、ゴム部分がすぐに劣化して少しがっかり。まぁ1,000円だし仕方ないか

Proの名に恥じぬ写真機能はやはり凄い

とりあえず6Sから移行したジェネレーションギャップも凄かったのですが、とりあえず「あ、これはすげぇわ」となった機能が2つ。
「ナイトモード」「ポートレート機能」です。

ナイトモードはカメラでいう所の「シャッタースピードを長くできる(長時間露光)」事で対応しています。
(ISO感度ももちろんautoで対応しています、これは旧iPhoneにはついていた機能なので割愛)

シャッタースピードを長くすると出てくる問題が「手ブレ」
ここに対しての対策は当然されており、手ブレ補正機能が搭載されています。
(補正機能は通常撮影でも反映されています)

と、まぁ前置きはこれぐらいにして、実際の撮り比べ写真を見てもらいましょう。


IMG_8086
ナイトモードオフ
通常時の撮影

IMG_8085
ナイトモードオン(SS:3秒)

え?凄くない??葉っぱの反射や色の再現度、暗い部分の黒潰れ等が大分なくなってるんだけど??
というか適当に撮ってこれとか一眼レフほどではないにしろ、コンパクトデジタルカメラより良いのが凄い。
手ブレ補正機能もなかなか強めに働いており、3秒程度のシャッタースピードなら余裕でくっきり撮影できます。


さて次にポートレートモードの説明ですが、ポトレと名がついていますがわかりやすく言うなら「背景ボカシモード」ですかね。
これはiPhone11とかにも搭載されていたのですが、一眼レフのようにレンズ自体でぼかす「光学補正」ではなく、本体自体に搭載されているAIで疑似的に再現する「デジタルボカシ」です。

人物を撮るのにはよく使われるものですが、応用すればもちろんモノ撮りも可能。
というかテストで撮影するのにモデルさんがいなかったんですけどね!!w

IMG_7820
こちらは通常の撮影
普通のパンフォーカス(全てにピントが合っている)状態ですね

IMG_E7820
ポートレート機能で撮影
紙袋とカメラバッグにだけピントが合って、背景は良くぼけています

意図的にボケ具合を細かく調整することは不可能ですが、AIでここまで再現するのは凄い。
欠点がひとつだけあって、撮影したい対象物とiPhoneに一定の距離がないと綺麗に使用できません。
近すぎるとダメってことですね。本来は人物を撮る事を想定していたり、AIの仕様かなんかなんでしょうかね。

ここまでのボケはやはりコンデジには撮影することが難しいので正直驚きました。
(もちろんコンパクトデジタルカメラの上位機種なら撮影できる物もありますがお値段も張ります)

画質の綺麗さもなかなかのモノ。
一般的なパソコンやスマホで閲覧するならこれ以上の画質はいりません。

今お見せしたテスト撮影はブログ用に元のデータから大きさを3分の1程度にまで落としてあります。
(3024×4032→900×1200にまでリサイズ)

これで「綺麗!」と思ったら全然一眼レフレベルのカメラはいらないと思います。
これ以上の写真画質はもうインターネット用というよりかは印刷用ですね。

撮影した時の色の表現力などもかなり機能が良くなっており、適当に写真を撮影しても綺麗な発色をしてくれます。
カラープロファイルなども保持してくれるようになっているので画像編集時に助かりますね。

IMG_7754
iPhoneでカメラを向けてそのまま撮影するだけでこのレベル

いやー、正直凄い。技術の進化って凄いんだなー。と。
もう本気で高機能カメラとかは趣味の界隈になりそうで恐ろしくもありますねw

iPhone12proは「映え」を絶対に追いたい!!なんて人には物凄く良い機種ですね。
逆に写真を撮らない人には強く勧めれない機種です。
2万円程度も安くなる無印「12・12mini」で良いと思います。
proの方がメモリスペックも高くてなんでもサクサク!!ですが正直そこまで盛らなくても十分サクサクかと。

携帯本体の代金としては高額ではありますが、やはりそれだけの付加価値や良さなどに関してはさすがappleとしか言えません。他のメーカーさん頑張って!特に日本企業!!

当然今回のiPhone購入は大正解でした。
ウマ娘サクサクでプレイできるしね!!
というわけで新型iPhoneレビューはこんな感じで終わりたいと思いますー(*・ω・)ノ










OPPO A73 レビュー

私iPhone派なんですよね。
突然何言ってんだこいつ?ってなるんですが、初期のandroid2とかの動かなさを知っているとそりゃ泥スマホって敬遠しません??僕はそうだったんですが。


しかし、今のandroidは使いやすいんですね。驚きました。


正確に言うとandroidベースのcolorOSを搭載しているOPPO(オウガジャパン)社のスマホなんですが、コレいいですね!!
なんか先週の記事とデジャブってるんですが実は今回も私が使うものではありませんw

僕の父が携帯を持たない派でずっと通していたのですが、昨今のコロナ事情などから仕事でどうしても携帯電話を持たなくてはならなくなったようで。
なんだかんだ3か月ほど迷っていたのですが、楽天モバイルの1年無料キャンペーン中+私が契約したので知識があったため、強く勧めて契約することになりました。

当然スマートフォンなんかは初めて触るものなので全くわからないため、初期設定とその他諸々を学ぶために私がいじり倒して記事にしてやろうと・・・!


いやー、ありがとうパパン!


というわけで今回はSIMフリースマホの中では格安!性能も悪くない「OPPO A73」の簡易レビューです!(*・ω・)ノ


以前書いた楽天モバイル関連記事はこちら⇓


着弾!!


IMG_6373
ネット契約で今回は楽天モバイルさん
注文後三日ほどで到着。思ったより早くて驚き!


IMG_6375

IMG_6376

IMG_6377
箱の中身はシンプルですね
SIMカードや開通手続きの設定方法、もろもろが封入されています

IMG_6381
A73本体の化粧箱
細い銀ラインにオーロラ調の機種名刻印
箱もiPhoneレベルでしっかりしていて好印象

IMG_6384

IMG_6385
ごめんね!父上!!(許可済み)
とりあえずこの時点で「はーw中華スマホねwww」なんてのは消し飛びました
正直昔のOPPOの製品とは別物。なんだこれかっけえな

IMG_6386

IMG_6387
針金みたいなSIMピン。これはiPhoneなんかと一緒
クリアケース付きです。ちなみに本体にはすでに保護フィルムが貼ってあります
これ他のスマホでもこうしてくれないかしら??

IMG_6388
箱の最下段には充電器一式(USB‐TypeC)と専用イヤホン
専用とついていますが普通のマイク付きイヤホンですね

IMG_6389
裏面はこんな感じ。4眼カメラ付いてるんだけど・・・
この値段で4眼とか凄くない?

IMG_6371
父親本人にガラスフィルム使用するか聞いたところ二つ返事で欲しいとの回答
ケースも同じく必要らしいのでそこそこ信頼性のあるラスタバナナ社のアクセサリを採用
なんだかんだここが適度な値段と適度な信頼性だと思うのです

格安系のフィルムやケースもあるんですけど、まぁこれぐらい値段出せばそこそこ良い物なので。

IMG_6390
ガラスフィルムを張るために保護シートを剥がします
液晶画面の保護フィルムも剥がしたいところなのですが、これがまた大変
結構しっかり貼り付けてあって一苦労でした
(マスキングテープ+極薄のデザインナイフで隙間に入れて浮かせました)

これ逆に考えるとかなりしっかりとした精度で張り付いているってことですからある意味信頼できます。
剥がしたフィルムは「PET製」っぽい結構硬めのフィルム
ガラスフィルムにこだわりが無ければそのまま使っても問題ないと思います

IMG_6394
すっごく頑張って埃を入れないように貼り付けていきましたがやはり微細な埃は無理ですね・・・
風呂場とか裸でやるべき。まぁそれでも入る時は入るんだけどね・・・

IMG_6395
さっそくスイッチON!
初期設定はスマホOSあるあるの簡易的なものですね
特に問題が無いので適当に進めます

IMG_6398
今回はRakuten機種なので中身が楽天カスタマイズされているみたいです
楽天以外で購入するSIMフリー機は多分アプリが少なくなっているはずかと
液晶が有機ELなのでくっそ綺麗で変な声が出ましたw

IMG_6400
僕のボロボロiPhone6ちゃんと並べてみた感じ
単純な大きさ+ホームボタンが無い分、画面の大きさはかなりちがいます
えー、、、大きいのって邪魔だなぁって思ったけど結構欲しくなってきた・・・。。。

IMG_6401
基本設定と動作確認が終わったので電源を切って、SIMカードを入れたいと思います
A73はこの部分にSIMスロットがあるのでここにピンを挿します

IMG_6402
スコッとスロットが抜けたらSIMカードをセット
もう一つのスロットにはmicroSDカードを入れることができます
ここは本当にiPhoneと違って本気で羨ましい点の一つ・・・

IMG_7219
実家で受け渡しして教えているときに撮影
ケースを取り付けるとこんな感じ。かっこいいですねぇ

iPhone以外の携帯って案外悪くないじゃねぇか!!

と、父親に教えるために一通りいじり倒して勉強してみたのですが、8年ほど前のandroid携帯への認識が止まっている僕としては正直見直しました。
A73に搭載されているOSはandroid10ベースの「colorOS」というOPPO独自のOSですが基本的な部分などはandroidです。
パソコンのchromeOSなどと一緒で少し本来のandroidOSとの違いがあり、癖がありますが、逆にiOSのように直感的に操作でき、簡単に使いたい人ほどこちらの方が良いかもしれません。


OPPO A73Pの良い所
  • 有機EL搭載
    一般的な液晶より「黒色」がしっかり出る綺麗な液晶という認識してもらえればOKな有機ELディスプレイ。
    真っ黒にしっかり映るという事は他の色もしっかり綺麗に発色するという事です
    PSVitaやiPhone12などに搭載されている綺麗な液晶と一緒と考えたら画面の綺麗さはなんとなくわかるんじゃないかなと思います

  • 4眼カメラ搭載
    広角・超広角・望遠・通常と4種類のレンズを搭載。暗所ではノイズがまぁまぁ乗るので物凄い高精細!!とはいいがたいですが、それでもかなり綺麗です

  • eSIM対応!デュアルSIMに!
    DSDV対応!ってよくわからないですよね。
    物理SIM(カード)+本体内蔵の「eSIM」での最大2回線を使える携帯なんですよこれ!
    今回の例でいえば楽天回線SIMカード+eSIM対応の携帯会社を使えば1つのスマホで2つの電話番号などを切り替えて使うことができます。もちろん逆でも可能。
    使い方によっては「かけ放題の携帯会社A」+「1年無料の楽天モバイルでネット」なんてすればかなり快適に運用できたりします

  • FMラジオが使える
    これイヤホンをつけた時のみですがFMラジオ使えるんですよ。
    僕の父はラジオ大好きっ子なのでここにやたらテンション上がっていました。
    イヤホンをつけないと使えない所はデメリットなのですが、人によっては大きな利点なのでは?

  • 本体価格が安い
    これだけ機能が充実していてSIMフリー機種を購入しても実勢価格が3万行かない程度。
    場所によっては2万です。
    楽天モバイルでの契約だと実質5000円で購入できます。
    昨今のスマホ本体高騰化を考えるとそこだけで正直魅力的

 
OPPO A73の微妙な所
  • 気持ち動作が重たい時も有り
    まぁここらへんは仕方ない所かもしれません。ハイエンド機種に比べればメモリ・CPU共にミドルスペックなので。(RAM4GB/Qualcomm Snapdragon662)
    電源投入時の立ち上がり、多重にアプリを開いた時のもたつきをたまに感じます。
    あまり高負荷のアプリをいくつも立ち上げた時はタスクキルをしてメモリ開放しないとサクサク感が失われていきます
    さすがに私のiPhone6よりは快適ですけどね!!

  • 電源ボタン、音量ボタンの位置
    ここは気になる人は気になるかと
    本体中央部の近くにボタンがあるため持ち方や手のサイズによっては予期せぬスクリーンショットや電源ボタンに触れたりしてしまいます。
    ボタンが結構出っ張っているためものすごく押しやすいのですが、押しやすいからこそミスタッチすることもあるのではないかと。

とこんな感じでしょうか。
本体裏面のレザー調のデザインは物凄いカッコいいんですよね。あくまでレザー調で粘りのあるプラスチック素材にレザー刻印がされているっぽいですね??
手触りはかなりグッド。ずっと触っていたくなるような独特の質感です。
ケースをつけないであえてこのまま使いたくなるぐらいにカッコいいです。

指紋認証・顔認証式のロックですが設定からパスワードに変更も可能です。
カメラの性能は抜群とは言えませんが、動画撮影もスローモーション機能やフィルターパノラマとこの価格帯のスマホにしては全部載せ。
値段を考えるとかなり安いですし、画面も綺麗かつ大画面ディスプレイ。

とりあえずそこそこのスペックでこの値段!android機種を使用している人は大きな嫌悪感も無く使用できると思いますので、「お、ちょっといいかも」なんて思っている方は購入しても満足すると思いますよ!(*・ω・)ノ





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
やがみんの作業倉庫 - にほんブログ村



「ぼくとネコ」関連 記事まとめ

FullSizeRender

ぼくとネコ レビュー

ゆるっと可愛いネコのタワーディフェンス
「ぼくとネコ」 レビュー

攻略記事

~初心者向け ガチャの回し方~


~初心者向け 集めたいキャラや武器~


~キャラガチャ紹介~


~武器ガチャ紹介~


~初心者向け 集めたい進化アイテム類~






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
やがみんの作業倉庫 - にほんブログ村



「ぼくとネコ」 攻略 ~初心者向け 集めたい進化アイテム類~

ぼくネコ記事を久しぶりに書いていこうと思いますー。
以前の紹介でとりあえずおしまい!と思っていたのですが進化アイテムなどの問い合わせが多かったので追加です!

確かに。以前はサラッとしか触れてなかったので初心者さんが楽しむためには情報が少なかったですねぇ・・・。反省。
というわけで今回は進化アイテムを中心に紹介していきたいと思います(*・ω・)ノ


・降臨の書

・曜日素材

・錬金素材

・錬金アイテム

・+α「シロちんソード」
「キャットハンドレンタラー」



ぼくとネコ
ぼくとネコ
開発元:IGNITION M
無料
posted withアプリーチ

進化アイテムの集め方

降臨の書

IMG_6518

まずは進化の基本アイテムとなる「降臨の書」からの説明です。
一番基本的な「降臨の書」
主に強キャラの進化に使われる「降臨の書・真」
七英雄の第三進化などに使われる「降臨の書・天地」の3種類。

頻繁に使うことも多く、入手難易度は低めです。

IMG_6537

IMG_6549

毎日開催されているイベントクエストから受注できます。
一日3回までと記載されていますが「3回使い切ったら6時間後にまたできる」ので実質無制限です。
暇なときに回すもよし、パーティーの調整ついでに遊ぶもよし。

各種属性の魔石・オリハルコンなど、神竜の紅玉

IMG_6528

こちらも必須素材系統。
オリハルコンをはじめとする各種曜日属性素材。
ネコたちの属性に対応する進化素材です。
一部超激レアキャラなどの進化に使うことが多い「神竜の紅玉」も曜日クエにて入手。

IMG_6535

IMG_6540
入手方法は各曜日で入手します。
月曜日:「月の光で光素材」
火曜日:「火素材探しでアチチのチ」
水曜日:「魚たちから水素材」
木曜日:「爆走トレント木素材」
金曜日:「ザクザク小判の金曜日」(これは素材無し)
土曜日:「夜にキラめく闇素材」
日曜日:「カラフル塔の素材集め」(全属性)



金曜日のみ素材が手に入らないので注意!
カラフル塔は全色手に入りますが、個人的にはあまり効率が良くないかも??
「金曜日を除いた各曜日クエスト最上級難易度」「神竜の紅玉」が低確率で入手できます。

錬金素材

IMG_6532


IMG_6538

IMG_6536

錬金壺で合成することによって進化アイテムなどを作れるようになる素材アイテム類です。
ゴツゴツ岩の山頂で「ネコの鉱石」
秘境の怪しい農園で「マタタビ」
ネコ島の密林で「ネズミトカゲのひもの」の計3種類。
入手クエストは上記タイムスケジュールにて入手可能なのでたまに集めておきましょう。


錬金アイテム類

IMG_6526

IMG_6527

主に第3進化に使われることの多い錬金アイテム類。
「ネコの骨」「ネコのヒゲ」「トラの皮」
この3つを使って合成することでしか手に入らない「竜のウロコ」

IMG_6541

IMG_6542

錬金壺にて入手という事を知らない方が多いので錬金壺のレベルは優先的に上げておきましょう!

ネコのヒゲ:ネコの鉱石×3+火の魔石×3
ネコの骨:マタタビ×3+水の魔石×3
トラの皮:ネズミトカゲのひもの×3+木の魔石×3

竜のウロコ:上記3種類を1つずつ



IMG_6534

錬金壺では聖獣の涙を3つ合成して「聖獣の血」を作成することができます。
「聖獣の涙」は日曜日18時より「死神クエスト」にて低確率で入手できます。

初心者には実質無理に等しいので、聖獣の血を入手したい場合は「ガチャでのおまけ」「ハード・激ムズのメインクエストの報酬」などで入手し、☆5キャラの第三進化の際には計画的に使用しましょう。
第三進化のおすすめはまず「壁キャラ(体当たりキャラが基本)」です。

+α 「シロちんソード」
「キャットハンドレンタラー」

IMG_6543

IMG_6544

IMG_6546

進化アイテムではないのですが、錬金壺では初心者にはお勧めしたい2種類の武器が作れます。
体当たりキャラ用の「シロちんソード」
魔法キャラ用の「キャットハンドレンタラー」
無課金で入手できるのでとりあえず1本作っておくといいでしょう。


武器錬金は必要のない武器を投入して作成するのですが、この2本は作成時3000P必要です。
この武器錬金ポイントは「一括で3000Pを達成する必要はありません」
貯金をするようにいらない武器をのんびり入れていけばいつのまにかたまっていたりするので有効活用しましょう!





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
やがみんの作業倉庫 - にほんブログ村



「ぼくとネコ」 攻略 ~武器ガチャ紹介~

初回更新:20/12/22
最終更新:21/04/21


とりあえずぼくネコ記事はこの更新で一段落ですかねぇ・・・。
昨日がキャラなら今日は武器だ!!!
キャラクターガチャにて理想のネコ(キャラ)を手に入れたらその子たちの能力を最大限に引き出すために理想の武器を手に入れましょう!

超激レア(星5)の武器を紹介していますが、激レア(星4)レア(星3)武器も繋ぎ武器としては有用だったりもします。
特に低レア魔法キャラ運用の為に各属性魔法杖は星3でもいいので持っておくことをお勧めします。

上記の理由に等により、武器ガチャは明確な絶対的当たりというよりかは自分の手持ちキャラがしっかり能力を発揮できる物が当たりだと思います。
※例えばですが闇属性アタッカーの「ファフニール」なんかは防御力の上がる「デスブリンガー」を装備させるかHPが低下する代わりに超火力になる「ゼロディバイト」を装備させるのか?など役割によって変えていく感じです。

まぁ「使うキャラの武器回そう!」だけ覚えていればOKOKw

ぼくとネコ
ぼくとネコ
開発元:IGNITION M
無料
posted withアプリーチ



武器ガチャ

超激レアまつり


FullSizeRender
キャラの時と同じで大量の武器の中から選ばれる闇鍋ガチャ。
デュランダルが当たればかなり強いのですが、やはりジェムが大量に余っているなどの課金者向け。

破滅のネコ神器「キャトラクス」


FullSizeRender
お宝小判能力を上げる武器ガチャ。キャトラクスはコバルトに装備できるので持っていても良いです。
いまいちミリオンラージャなどの超激レアキャラの属性にかみ合っていない所が難点か。

超古代兵器「メガラニカ」



FullSizeRender
個人的におすすめガチャのメガラニカ。
エレクトロンは「ポー・ポセイドン」アンペールは「ダンタリオン・ヘルメス」
ライトニングは「沖田宗司」
強キャラに装備させるのに最適な武器が多いです。

闇の眷属「ダークソウル」


FullSizeRender
闇属性オンリーの武器ガチャ。
個人的な大当たりはデスブリンガー。ファフニール・ベルゼブブの為にも所持しておきたいです。
残り3つは物凄く強いじゃないにしてもデスブリ狙いの為に引くのもオススメ。

顕現せし妖魔の狂気「マジュランガロン」

IMG_0298
闇属性が2種ありますがこれを狙うならダクソ。木属性マジュランガロンが欲しい!となっても後述の「雷切」の方がオススメ。
これらの武器が揃ってから用途違いとして引くのがいいと思います。

巨神の片腕「アダマンタイン」


FullSizeRender
無属性武器が2種、重さが上がりますが現在のキャラ的にあまり性能的に良いとは言いづらいです。
見た目的には良いのですが・・・。

天界の聖武具「セイント」

IMG_0064
弓だけなぜか火属性。光属性の強キャラは沖田・ゼウスなのですが、こちらの武器はさほどハマりません。
ジャッジメント運用(三蔵法師用等)を狙う場合はあり。それ以外は優先的ではありません。

極珍武器「マグナム」

IMG_0172
んー!!正直に言うとネタ武器的な側面が強いシリーズです。
バカスカアローは一見強く見えるのですが無属性かつ攻撃力は低めなので使い勝手が悪いです。
これより引くべきガチャがあるので非推奨。

測定不能の禁断の武器「バグマミレン」

IMG_0096
ぱっとみこちらもネタ武器っぽくみえるのですがゼロディバイドは個人的な当たり。
HPが大幅に減る代わりに闇属性攻撃が200%増加。
ファフニールに付けると驚異的な攻撃力になります。もちろん宮本武蔵に装備させたりしても〇

セキュリティホールも悪くない。

天井へと至る道「バベル」

IMG_0192
こちらは確定ガチャは開催されません。
獄炎ビシャモンにつけたい「フラガ・ラッハ」ゼウスに用意してあげたい「バベル」
確定ガチャが無いため回せるなら回していきたいガチャ。
超激レアまつり武器を狙うよりは優しいです。

呪いの波動「エッサイム」

IMG_0254
また闇属性オンリー武器ガチャ。
スキルに癖が強いため、闇属性武器が欲しいのみなら「ダークソウル」を引くべきです。
個人的あたりが「SaDaKo」エルピスに装備させるとただでさえ早いエルピスを無限生産できるようになります。
(昔は本当にエンドレス生産できましたが、現在は1度に40匹までしか呼べないのであの頃ほど画面を埋め尽くすエルピスが見れなくなってしまったのが残念)

北欧神話「オーディン」

IMG_0387
個人的には全部当たり。
限定的な使い方ではありますが「ドラウプレオル」を七つの大罪「ダラン」に装備させると中盤までは余裕な高体力な壁になります。

天孫降臨「アマテラス」

IMG_5894
全体的に高能力の武器が多いですが、配布武器である七英雄武器と属性がかぶり気味。
持たせたいキャラをしっかりゲットしてからなら◎
急いで引く必要があるわけではないシリーズです。


戦国名刀「風林火山」

IMG_0431
カースを持っているなら引くべきな武器が「雷切」。
カース以外の木属性キャラに適当に装備させるだけでも十分強い雷切。
「菊一文字」はポセイドンの繋ぎ武器でも良いですし、ゴーマ用の「雷上動」
サクラに装備させるのにオススメな「大ぬさ
全体的に高水準なので使えるキャラがいるならオススメガチャです。

反逆者の背負いし罪の証「セブンスリベリオン」

FullSizeRender

2IMG_6707
武器の設定上は「七つの大罪キャラの専用武器」ということですが、専用にすることでボーナスなどはかかりません。
対応しているキャラが伸ばせますが、どちらかといえば他のキャラに持たせた方が良いかもしれません。
暴れん棒は「カーズ」に。羅刹剣は「限定イザナギ」にみたいな。

武器としては高品質ですが、7本の中からという闇鍋なので狙った武器を取りに行くのは少し厳しいか。
どうしても七つの大罪キャラガチャと比べると、欲しい人だけが回すべきガチャかと。

妖精宿りし幻惑兵器「フェアリーファンタジア」


FullSizeRender

FullSizeRender
2021年2月に追加された最新ガチャ!!
待望の超激レア武器のオーブ「アロマスルーン」が追加されています。
・・・とはいえファーストリキャスト短縮の「バタフライ」
同じく短縮・矢本数増加スキル持ち闇弓の「レイディポイズン」
バーストが伸びる「ユリアーン」と装備させるキャラがなぁ・・・?みたいな印象のガチャですね。
闇の弓キャラってあまり有用なキャラいないんですよね・・・。ペシミン・カオスあたりは闘技場でも使わないし???バタフライも中途半端な印象。これをポーやポセイドン、天草四郎につける??みたいな。

オーブ一点狙いならあり。なんとなくでは回せないガチャかと。

暴れし獣の爪「ビーストアームズ」

FullSizeRender

FullSizeRender
2021年4月追加の新武器ガチャです。
トゥエルノは沖田総士向けか?
リヴァイアスはスプラとはまた違った使い方ができますが壁寄りの性能
目玉としてはためキャラ用の武器「ビーストルーン」でしょうね。

やはりこのガチャもオーブ一転狙いな印象。







ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
やがみんの作業倉庫 - にほんブログ村


ギャラリー
  • apple iPhone12Pro 256GB レビュー
  • apple iPhone12Pro 256GB レビュー
  • apple iPhone12Pro 256GB レビュー
  • apple iPhone12Pro 256GB レビュー
  • apple iPhone12Pro 256GB レビュー
  • apple iPhone12Pro 256GB レビュー
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RANK
RANK
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード