やがみんの作業倉庫

八神秀人のひたすら様々なモノのログ。 仕事やコラム。レビューやレクチャー。なんでも多種多様に! 作業記録としてのブログでもあります。

旧ブログからの発掘

Takamine DMP-561B レビュー

おお。そうだ本来の仕事を忘れがちだけど私ミュージシャンだったわ。
そんな私の大事な商売道具の一つ。楽器。

楽器とかカッコつけましたが基本的に演奏できるものはギターとベース
ベースは今手持ちがないので実際はギターのみです。
ドラムは8ビートなら何とかwピアノは作曲に使うのは出来ますがライブで弾くレベルではないですw

アコースティックギター系でLIVEにも未だに使用しているタカミネのギター。
昔のブログを発掘していたら購入時の記録が残っていたので懐かしかったもんで記事にすることにしました(*・ω・)ノ

エレクトリックアコースティックギター
Takamine DMP-561B

t02200293_0240032010412939219

購入時はなんと2010年の2月でした。最近はあまり触れてませんがもう7年以上の付き合いなんですね。
できるだけ購入時の事を思い出してみると、一度辞めた音楽に復帰して、LIVEやレコーディングが増えたころ。
高校生1年の時にバイト代で買ったYAMAHAのエレアコを長年使っていたのですが劣化やダメージも大きく大きい現場にも対応したいと思ったため購入を決意。

試奏や情報をいろいろ集めて本来の購入予定だったYAMAHA系ではなくタカミネを選択。
ガッツリローン組んで購入したんだよなぁ・・・w
購入店舗は石橋楽器。当時の店員さんは元気にしているんだろうか・・・。
このギターですが本来は「DMP-561C BL」と呼ばれるタイプ。ピックアップを変更した店舗モデルです。

タカミネのエレアコは000系、500系など種類があるのですが、500系は中型。
内部の容量を大きめにとっているため、音のなりも良いんです。


スペック
TOP: SOLID SPRUCE
BACK: SOLID SAPELE
SIDES: SAPELE
NECK: MAHOGANY
FINGER BOARD: ROSEWOOD
SCALE: 644mm
NUT WIDTH: 42mm
PRE-AMP: CT4-DX (DMP)
POSITION MARK: ORIGINAL DIAMOND
ボディのTOP&BACKは単板なので音への悪影響は無し。
まぁこの価格帯だと無理ですがローズウッドだとたまらんのですがね。
タカミネギターの特徴の一つ「左右非対称ネック」のおかげで運指がとても楽に行えます。
一般的なネックで慣れていると自分が急激に上手くなったのかと錯覚するほど。

t02200293_0240032010412931540
プリアンプはCT4-DX。ユニット方式のビルトインタイプです。
このプリアンプの凄い所はチューナーが搭載されており、EQ・2系統のピックアップ調整ができる所。
パラスティックピックアップと呼ばれるタカミネ製のギターに搭載されている独自のシステムです。
ノッチフィルターも含めてハウリング対策が物凄い。
100%ないわけではないですが、私も数える程度しか経験していないレベル。
電池駆動9V×2の18Vのパワフルな電源を搭載しているのでアンプに繋げた時の化け方が凄いです。

パラスティックピックアップについてはこちら


タカミネにしかないもう一つの特徴としてはこのダブルサドル。
一本だけの従来のギターと違い、1,2弦・3,4,5,6弦で分離。
巻弦とプレーン弦の違いを調整しているためピッチのずれが少ないんです。
外観も一風違ったギターに見えるのでそこも高く評価できる点です。

t02200293_0240032010412938001

t02200293_0240032010412937999

t02200293_0240032010412938003
ネックの形状も独特

音はどんな感じ?

さて、楽器なのに文章だけ書きまくってもしかたありません!
実際の音を聞いてもら・・・いたい所なのですが、2010年のライブ生放送のキャプぐらいしかないのが実情。
仕方ないのでそちらを貼り付けます汗





少しは伝わるでしょうか・・・??

良い点・悪い点

良い点
  • とにかく弾きやすい
    ここ結局どんなギターでも重要な所なんですよね。ボディは大きすぎず、小さすぎず。
    ネックの左右非対称なだけでここまで弾きやすいのかと驚きます。
    ボディもカットされているのでハイポジションも容易。

  • ピックアップの操作が容易
    ここも重要。チューナーもLED方式なので暗い現場でも問題なく使用可能。
    コントロール部分も持った時に胸のあたりに来るので間違えて触る事も少ないです。
    エレキだとたまに場所が悪いやつとかあるんですよね・・・。

  • 全体的にバランスがいい
    雑な説明になるのですが基本的に優秀かつ万能なギター。
    ネックの形状もあるのですが弦交換もストレスを感じません(通常のアコースティックギターだとペグ位置が微妙で弦に負担があるものも)
    個性が強い音色ではないですが、逆にどんなものでも合わせられる。
    生音もそこそこのボリュームが出るし、ラインを繋げれば本領発揮。値段分の仕事は十分してくれます。

悪い点
  • 改造する場合には覚悟が必要
    いや、通常のギターだって覚悟は必要なんですけどねw
    ダブルサドルの為簡単にサドル交換ができず、パラスティックピックアップの構造が少し特殊なので交換すれば鳴らなくなる恐れも。
    サドルを削るなどのの微調整も普通の物より神経を使います。
    仕組みを理解していれば問題はないのですが簡単に交換ができない所は難点かな、、、と

  • 打音は拾わない
    ここはピエゾタイプなので仕方のない点。
    サドル下の振動から音を拾うタイプなのでスラップなどの演奏では音をあまり拾いません。
    このギターがなのか他のエレアコよりも打音を拾わない感じがします。
    どうしても打音を入れたい!!となるならマイク式ですが、増設すればハウリング。
    EQも無しになるので音が作れない。ピックアップ全交換するのは構造上面倒。
    改造より新しいギターを買った方が安い・早い・上手いです。

  • 電池2本・・・
    18Vのパワフル!!ここは本当に素晴らしいんです。
    しかし使い方にもよりますが片方の電池だけ元気がなくなるパターンがたまに。
    直列での使用の筈なのですが何故に片方だけ??
    もちろん毎回消耗するわけではないですし、LIVE前には新品に変えておくのは基本なので良いと言えばいいのですが、毎回2本以上ストックを持っておくのを「忘れがち」気をつければいいだけなんですが、どっかのメーカーさんが18V電池とか作ってくれませんかねぇ・・・。

このギターとは何度も語り合ったのでいろいろな点が見えています。
総評としては結局大満足なんですよね。
第一良い所も悪い所も含めて自分の相棒として育てていけるのがギターの良い所なんです。
実際ライブやレコーディング、遊びで弾くときも及第点を叩きだしてくれる。
オベーションやヤイリみたいに他のエレアコもいいのですが、結局これを購入してからエレアコ新しいのを買うか!!みたいなのは実は起こっていないんですよね。これって実は凄く良いことじゃない??
サイレントギターだけは購入しましたが汗

t02200293_0240032010412938003
というわけでもう7年もの付き合いのタカミネちゃん。これからもよろしくね(*・ω・)ノ







style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4245585820281867"
data-ad-slot="4138241560"
data-ad-format="auto">







貝の標本&螺鈿の作り方

今日の記事は発掘記事!これまたずいぶん昔の実験を引っ張ってきました!
こうやって見ると昔から面白いことをしてたんやなぁ・・・。

タイトルにもあるように「貝」を使った実験です。
私は現在でもこの手法で螺鈿を取り出したりしていますw

夏休みの自由研究にも使えるかもしれませんが、真似する場合は十分注意して、作業をしてください!

貝の標本

image
まずは貝殻を用意します。写真の貝は「アワビ」が中心。サザエが一個だけです

用意するもの
  • 次亜塩素酸ナトリウム溶液(アンチホルミン)
    という成分が入っている物であれば問題ないです。要するに「塩素系の漂白剤」ですね。
    100円均一などでも簡単に入手できますし、比較的すぐ手に入ります。
  • 貝が入るぐらいの大きさの瓶
    密閉式が理想。でもスクリュー式でもしっかりしまっていれば問題なし!
    こちらも100円均一等で入手可能。
 
t02200293_0240032010220376102

t02200293_0240032010220376088
瓶の中に漂白剤を投入→貝を投入
ここから3日~1週間ほど浸しておきます

手順
  1. 瓶に漂白剤と貝殻を投入
  2. 3日から1週間放置
  3. 放置後、手袋などを装着し、塩素に気をつけながら貝を瓶からとりだし、歯ブラシ・タワシなどで力を入れ過ぎずに磨く
  4. 丁寧に水洗い。付け洗いもすると良いです(貝殻内部の塩素を抜く為)
  5. 直射日光の当たらない風通しのいい場所などに置いて乾燥
t02200293_0240032010221087026

t02200293_0240032010221080172
以上の工程で貝殻の標本が簡単に作れます
表面についたフジツボなどが気になる場合はマイナスドライバーなどのとがったもので削り取ります
この状態でも綺麗ですが、割れやヒビを防ぐために「車用ワックス」「ニス」などでコーティングしても


螺鈿の作り方

用意するもの
  • 酸性洗剤
    サンポールなんかが安くてグッド
t02200293_0240032010220376097


  • 目に入らないようにする装備
  • タッパーなどの貝が入るほどの大きさの容器
  • 使わない歯ブラシなど

注意点
絶対に塩素系の液体と混ぜないでください。有毒ガスが発生して危険です。
先ほどの貝殻もよく洗って塩素成分をしっかり抜いてから実行してください。

t02200293_0240032010221421271
当時はこの状態で作業しましたw
先ほどの貝の標本状態から、容器に貝殻を移しサンポールを入れていきます
歯ブラシなどで貝殻表面に塗布

3分ほど放置後、貝殻表面がぬるぬるしてきます(泡が出てたりもします)
そのぬるぬるを歯ブラシなどで取り除く→以下ループ

酸性の洗剤は貝殻表面を溶かしていきます。つけすぎれば多く溶けてしまうのでつけすぎ注意!
ほどよく貝殻表面が溶けたのを見計らって、最期に水洗いをすれば・・・


t02200293_0240032010221698855
 このように綺麗な螺鈿層を表面にだす「螺鈿貝」の完成です!
 
  • 貝殻には酸性の液体をつけた時点で溶け始めるので、貝の強さや質で微調整。
    あまり溶かしすぎると貝殻に穴が開きます 
  • 螺鈿は螺鈿質を持つ貝殻でないと作れません
  • 螺鈿質は「貝の内側がキラキラしている」ものであれば大丈夫です
  • 例えば「アワビ」や「サザエ」は螺鈿質。「ハマグリ」や「ホタテ」は螺鈿質を持っていません
珍しいものだと夜光貝なんかは巨大な螺鈿貝を作ることも可能です!
この場合は溶かす手法より削る手法が一般的だとされていますが・・・。
自由研究や、食べた後の貝殻での実験なんかにもGoodなこの貝殻への加工。
薬液を使うので、真似するときは十分に注意してから真似してくださいね(*・ω・)ノ




 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
やがみんの作業倉庫 - にほんブログ村



【ギター】 ブリッジピンの改造&フレットの減りの応急処置

ピックガードの塗装記事がやたらPVが高いので案外ギター関連の記事は需要があるのか?
そんな安易な思い付きからギター関連の改造記事を作ろうかと思いましたが、今楽器のリメイクや仕事が来ていないのでなんとも。

データを持っている以前の仕事がありますが、大人の事情でここでさらすこともできず・・・。


うーん。



そうだ昔のブログから一部引っ張ってこよう!

というわけで画像の引用をしつつリテイク記事にしてやろう!
当時の(9年前)の技術力の低さを戒めとしつつ、現在の見解も書いてみます。

ブリッジピン ドレスアップ改造

t02200367_0240040010246231698
今回の犠牲者のローズウッド製のブリッジピン
真鍮、牛骨、などいろいろ材質はありますが加工する場合は木材は楽チン

t02200367_0240040010246231694
当時知り合いの店から購入した半球状のルビー
かなり小さめなのでお安かったです(1個300円いかないぐらい)

t02200367_0240040010246231703
ブリッジピンの頭(表)を平ヤスリで削っていきます
目安はルビーの大きさより1㎜大きい程度

t02200367_0240040010246232924
ブリッジピン側に接着剤を塗布してピンセットで装着
後述しますが、これよりもっといい方法があります

t02200367_0240040010246232919

t02200367_0240040010246232927
これを6本作成。ギターだから6本なのは当然ですね!

t02200367_0240040010246233170
当時の記事を読んでいて思いましたが、この穴に入らなかったんですよねぇ
こんなときは間違ってもギター本体側の穴を広げないようにしてください
削って調整する場合は必ずブリッジピン側を!

2015-01-06-20-53-39

2015-01-06-21-39-36


今思う事
うーん、さすが9年前の技術。ゴミだな!!w
現在考える改善点などは・・・
  • 宝石の接着をするなら工夫が必要
    木製のブリッジピンなので爪を作るのはほぼ不可能。真鍮でも個人では不可能か?
    というわけで「ザグリ」を作った方がいいですね。宝石の大きさ・形に合わせてほんの少しくりぬきます。
    削ったりしてるので接着でも問題はないですが、ザグリを上手く作れば接着剤の量を減らせる。
    底面にアルミテープ・または反射の強い塗料と接着剤を混ぜれば反射性が高くなるのではないかと思います。

あたりです。ザグリは深くても2㎜程度であれば強度や音の響きに各段的な違いは生まれないと思います。
このブリッジピン手法はアコースティックギター・エレアコのみでしかできないですが、差別化ができて試みとしては絶対面白いと思うんですよねぇ・・・。

LEDを仕込むのは構造上不可能ですしw

フレットの減りの応急処置

t02200293_0240032010340682743
古い画像なので見にくいのですがフレットに縦線が入っています 
ガッツリ削れているので、しっかり押さえても音がビビります 
ビビる=音が「ビィィーーン」みたいな綺麗な音が出ない事 

t02200293_0240032010340684102
本来であればフレット打ち直しをするのですがお金がないときに編み出した無理やりの処置です 
金属パテは難しいですし、とりあえずの硬さを持ち、掘削性がいいのでハンダです

【当時の記事から】

①凹んでいる部分にはんだを少しだけ垂らす。指版にたらさないようにしましょう。
もし不安であれば指版を隠すもの(マスキングテープなど)で守りましょう。

②そのままだとはんだの部分だけ盛り上がっているんで横に滑らすなり、できるだけ平面にしてみる。
もしどうしてもできなければ溶かす前のはんだを小さく刻んで量を調整するとよし!!

③凹みが埋まったのならやすりで少し削る。
指版を削らないように注意しながら削りましょう。削りすぎたら低くなるので意味がないですからねw

④引っ掛かりなどがないかを確認して・・・。


t02200293_0240032010340682742
こんなかんじ


今思う事
  • 圧倒的に応急処置。
    絶対高価なネックとかではやれませんw

    ハンダは粘りがあるので硬すぎず柔らかすぎず案外いいかもしれません。
    ハンダの種類によっては弦へのダメージの開きがあると感じました。
    当時はマスキングテープと記述していますが、ミスればマスキングテープは即効で焼き切れます。
    極薄の木の板が理想か?金属は熱伝導が高いので真似する場合はフレットを直接熱くしない事も必要。
    すりあわせもできず、フレットも打ち直せない。
    そんな時にはこの応急処置は視野に入れていいと思います


さいごに

いやー、9年以上も前の技術となると児戯に等しいwww
いまなら工具や素材、対応方法がわかっているので大分違うなーと。
つうか修繕費も無い、改造ノウハウも無い、etcだから仕方のない事とも言えますがね・・・。

とはいえこういった実験のおかげで今の技術の土台などになっていたりするので無駄ではないかなぁ。
ブリッジピンのドレスアップはもし失敗してもそこまで痛手はないですが、ネックだけは自己責任でおながいいたします(*・ω・)ノ



















ギャラリー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RANK
RANK
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード