やがみんの作業倉庫

八神秀人のひたすら様々なモノのログ。 仕事やコラム。レビューやレクチャー。なんでも多種多様に! 作業記録としてのブログでもあります。

カメラ

Canon EF40mm F2.8 STM レビュー

実は最初に購入したのに全くレビュー書かれていなかったレンズはだれだーい??
「EF40だよっ!!!」(にしおかすみこ風)
と、いうわけで出だしから激寒で始まりましたやがみんの作業倉庫。
もう上の出オチにすべて凝縮されていますね。

なんかレビュー記事足りてないなぁ・・・?なんて思っていたらパンケーキレンズさんこと「EF40㎜F2.8」をずっと書いていなかったんですねぇ・・・。ごめんね。

Nikonにはない薄型タイプの格安レンズ
通称撒き餌レンズなんて呼ばれているこのレンズの魅力を紹介していきますぞ!!(*・ω・)ノ

開封の儀。。。は写真がなかった・・・


IMGP0721
初期に購入して一括で開けてしまったので開封の儀の写真が無い・・・
というわけで開封の儀は端折ります!!!


IMG_0003

IMGP0770
パンケーキレンズという呼び名の由来はこの薄さ!
うすーいッ!説明不要ォッ!!
シルバーのラインがカッコいいですね

IMG_0004

IMGP0765
他のレンズ達との比較はこんな感じ厚さが全くないですね
比較対象としてどうなの??となりますがガムテープより小さいですw


IMGP0774
カメラに装着するとこんな感じ。圧迫感も無く小柄に見えます
この大きさなのでもちろんレンズの重さは皆無

IMG_0010
これが多分初ショット??
もう本当に初期のころに手に入れたレンズなので今見ると写真が恥ずかしいw
しかし逆に言えば一眼レフの「い」もわかってない状態でこれぐらいは撮影できます

IMG_0065
こちらは当時同時購入した「クロスフィルター」を使用しての撮影
しっかり光芒のキレも色も出てますね

IMG_0074
適当な道でパシャリ。
夜間高感度補正は特に使わず撮影
しっかり目の解像してくれますね

IMG_0101
モアレが発生してはいますが、細かい目までしっかり写してくれています
この写真はブログ用に縮小してあってこれだけ綺麗に映るので値段を考えると性能は良いと思います

IMG_0187

IMG_0199
先ほどの道とは違い、光源強めの夜景写真系統
レンズの明るさも相まってか撮影は本当にしやすいです
これだけ遠景のものはF2.8でもパンフォーカスなのでボケはきにならないかと


IMG_0232
EF50を撮影したときのもの
撮影時の色身も癖がないため使いやすいという印象が強いです

あえて出したい”個人的に微妙な所”

  • 軽すぎる・短すぎる
    もうこれは利点でもあって短所でもあるんですよね。
    普段のレンズと比べて軽すぎるのでバランスがダメな人がいるかも?
    短すぎる=左手でレンズを支えることがほぼできないので、動きをホールドするときに少しやりにくいです。
    同じ理由でピントリングは「握る」ではなく「つまむ」イメージで回すことになります。
    軽く短くなるので持ち運びや収納ではものすごい利便性を感じたりできるのですが、ここら辺は気をつけないと不満が出るかもしれません。

  • 40㎜という焦点距離を使う人じゃないと使わない
    短焦点レンズをやたら持っている人or最初に結構買ってしまった人(私の事ですね)には40㎜という焦点距離に魅力を感じない限り使わなくなります。

  • 高価格帯レンズと比べてはいけない
    当然といえば当然。過度な期待を”持ちすぎて”購入すると少しがっかりするかもしれません。
    実売価格5万円~↑なレンズと比べること自体が間違いなんですがやはりそれらと比べると描写は甘い。
    上記の焦点距離も含めて案外使い道ある人にはめちゃくちゃあって、ない人には全然ないのかも?

まとめ

と、なんだか使いにくそうな評価を書きましたが
”実は今触ると評価が変わるレンズ”なんですよね。

初心者のころに入手し使ってみたから、私は「この子のスペックを引き出せなかった」というのが正しいのかもしれません。
実売価格2万円以下でセットズームレンズよりは全然綺麗な写真を撮ってくれますし、撮影状況への予測ができていればEF40㎜をつけっぱで完全対応できます。


鏡筒もせり出していませんし、軽いので他のレンズより気を使わなくてよかったり、技術次第で綺麗に撮影できます。

私はしばらく使っていなかったのですが、最近サッと撮ったり、ズームを使わない動画撮影の時には逆に重宝するようになりました

EF50F1.4はモーターの音がうるさいし、マクロは室内ではキツイ。
軽いため三脚に結構無理な方向で載せても倒れる心配も少なく、自撮り系の時は本当に便利です。
むしろ最初は使っていたのに途中からセットズームレンズを全く使わなくなってしまったので、単焦点をセットしてくれているタイプを作りませんか?キヤノンさんw


あとは何となくですが写真撮影したときの色味?とでもいえばいいんですかね?これが素直な色というか、なんかぐちゃぐちゃしていない絵が出てくるんですよね。
これレタッチなど何か加工するときにありがたいんです。
※EF50はなんというか派手?みたいな色にたまになるので。光源によって色がつられると言うのでしょうか??


絞りで使う場合もそこそこ切れ味の増した写真も撮れますし、上記で話した微妙な点も使い方をイメージしてから購入する分には問題ないかと。
最初はこれで慣れて他のレンズにステップアップでもいいですし、とりあえず本体の蓋代わりに使うもよし。
EF-Sではないのでフルサイズに移行したときにも使えますし、総評を考えればとてもいいレンズです(*・ω・)ノ







ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
やがみんの作業倉庫 - にほんブログ村



誰でも簡単!星景写真の撮影の仕方!

以前月の写真の撮影方法を記事にまとめましたが
 月を撮ったらそりゃ星にも手を出したくなりますよね!!
え?ならない?いやいや、なるよね?折角月を撮影できるほどのカメラを持っているんですから、いい機会です!覚えてしまいましょう!

IMG_4319
星空ー

星を撮影するために用意するもの

  • 一眼レフカメラ本体orマニュアル撮影ができるコンパクトデジタルカメラ
  • 広角レンズ分類の交換レンズ【11~18㎜等】(一眼のみ)
  • 三脚
  • リモートコントロールスイッチ(あれば便利)
実際は星景写真については実際一眼レフカメラの方が有利です。
コンパクトデジタルカメラでも撮影は出来ますが、星を多く写すとなると少し厳しい所があります。
IMGP0266
こちらは愛機MX-1で撮影した物。コンデジでも一応星は写ります

広角レンズを用意する理由はとても簡単。
星がいっぱい写ってる方がいいよね!!
これのみです。実際問題広く大きく写す必要がないのであれば広角レンズでなくてもOKです。
三脚は後述しますが、月の撮影と違いほぼ100%必要です。必ず用意するようにしましょう。
リモコンも後述ですが、こちらはあると便利。
最近の機種であるならスマホと連動してリモコン替わりに使える機種もあるので、その機能がついているならば必要ありません。

星景写真を撮ろう!

月の撮影は比較的明るくても問題なく撮影ができるのですが、星景写真は逆です。
出来るだけ暗ければ暗いだけ理想的です。新月の日の空も暗く、撮影場所周辺も暗いと良いです。
例えばですが渋谷や銀座等などの明るい場所で撮影する事は適していません。


  1. カメラをマニュアルモードに設定する
    まずはマニュアルの設定ですが「ISO800」「シャッタースピード15秒」「F2.8」あたりから始めてみましょう。
    F値がこの設定をできないのであれば「F4」「ISO1000」「シャッタースピード15秒」でも可能です。

  2. 三脚に取り付ける
    順番は設定の前でも構いませんが、三脚に取り付けます。
    次の項目のピントを合わせてからでもいいですし、最初に取り付けてしまってもいいです。
    使用している三脚によっての取り回しにもよると思うので実際いつでも大丈夫ですw

  3. フォーカスをマニュアルにしてピントを合わせる
    まずはファインダーではなく、ライブビュー機能(液晶画面で確認する方法)に切り替えて、一番明るい星に焦点を当ててみます。
    明るい星をマニュアルフォーカスで綺麗な光点になればOK!
    大体は∞(無限遠)の場所あたりになりますがレンズによって微妙な個体差が有るので、この方法でピントを合わせましょう

  4. 画像の大きさは最大に
    設定撮影したデータはあとでいろいろいじれるように一番サイズが大きい設定にしておきましょう。
    私の機材「Canon Eos 70D」なら「Lサイズ」という設定です。

  5. 撮影してみる
    息をひそめて撮影してみます。手振れ機能は切っておきましょう。
    手振れをできるだけ防ぐために三脚は当然ですがリモートコントロールスイッチを使った写真撮影。
    シャッターを切ってからセルフタイマーで2秒後等設定を工夫すると手振れを防止できます。
    15秒というシャッタースピードの遅さなので少しの揺れで大きくブレを起こします。
    さて?綺麗に撮影できましたか??

IMG_4316
こんな感じに撮影できます

細かい撮影ポイント

シャッタースピードを上げていくとISOを100にしてシャッタースピードを30秒という撮影もできますが、星はゆっくりですが動いています=星が線のようになります。
逆にフルサイズで高感度撮影(夜間撮影)に強いカメラであればISOを3200、シャッタースピードを5秒とかでも綺麗に写ります。
撮影したい自分のイメージによってここを調整してみましょう。

レンズフィルターの使用フォギーやソフトンなどレンズに様々な効果を与えるレンズフィルター。星を撮影するときには「ボワッ」とした光に変化します。
IMG_3369
この画像の使用フィルターは「フォギー」強い光源であればあるほど強く星が幻想的に輝きます。

IMG_4318
1枚綺麗な写真が撮れても時間やその他を上手く調整すれば同じ風景でも変えてとる事が可能
前景と星のように撮影することも
 
IMG_4329
星景写真は奥が深いので様々な所で撮影するのが楽しい!

もう一つのポイントとしては少し暗めに写すこと。
これは明るい写真だとのちほど画像編集するときに限界があります。
少し暗めに写せば明るさを調整するだけで綺麗な写真になる事+画像編集で色味をつける事が簡単にできます。
星景写真は画像編集でとても化けるので少し暗めに撮影するのをおすすめします。
1枚綺麗な写真が撮れてもISOやシャッタースピードをいじって何枚か明るさが違う物を撮影しておくと後で助かる事が多いですよ!

さぁ!これからGWも控えていますし、どこか遠出をする方はぜひぜひ星景写真を撮影してみてくださいね(*・ω・)ノ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4245585820281867"
data-ad-slot="1045174363"
data-ad-format="auto">






山梨宝石博物館に行ってきました②

昨日の続きで写真が中心です(*・ω・)ノ


昨日の記事はこちら 


山梨宝石博物館・写真集

IMG_3087
アンバー
琥珀ですね。化石みたいなもので現在は人工物が多いです

IMG_3088
コーラル
珊瑚です。こちらも真珠と同じ分類生体鉱物

IMG_3089
ファイアアゲート
流通している中ではターコイズに次いで贋物が多い天然石

IMG_3091
ペリドット
誕生石で有名な石。カンラン石の中で緑色の物をこう呼びます

IMG_3092
タンザナイト
12月の誕生石で、サファイアにつぐ人気石
アイオライト
9月の誕生石。別名ブルーサファイア

IMG_3093
ロードクロサイト
通称「インカローズ」の名前で認識されている石。ローズクォーツより濃いピンクが印象的


続きを読む

山梨宝石博物館に行ってきました

随分と前にね!!

個人的に日光と並ぶほどに好きな場所「河口湖」
山梨の観光スポットの一つで、都内在住の方は中学生の頃に一度は行ったことがあるのでは??

バイクに乗っていた時は思い付きでよくいきなり河口湖!なんてのを良くやってましたね・・・。
さて本題ですが、河口湖といえば富士山!・・・ と言いたい所なんですが大好きな場所があります。

それは「山梨宝石博物館」
ここです。素晴らしい。天然石が好きな方には天国の様な場所です。

場所は河口湖畔の南側。「河口湖」駅から徒歩20分ほどで到着します。
駅から湖畔までは下り坂を歩き、河口湖が見えたらそのまま左に道なりに進むと到着。
もちろん巡回バスなども出ています。


IMG_1585
外観はこんな感じ。THE!博物館!

入館料や営業時間

公式HPにも書いてあるのですがまずは営業時間。
  • 通常期(3~10月) 9:00~17:30
  • 冬季(11~2月) 9:30~17:00
休館日は毎週水曜日です

入館料
  • 大人 600円
  • 小中学生 300円
  • 6歳以下 無料
IMG_1583



なのですが、携帯でこちらの画像を見せればもう少し安く入れます!

ticket

パンフレットを購入するのがオススメ!

image

なぜか?パンフレット(200円)を購入すると水晶のおまけがついてくるんです!
まぁペラペラのパンフレットではあるのですが、水晶のおまけがつくパンフレットなんかなかなかありません。
折角の思い出として購入するのをお勧めします!

館内にはミュージアムショップもあるのでそちらで購入してももちろんいいんですけどねw

IMG_3137
館内には大型の宝石も展示されています

IMG_3133
 専門店でしか見れないような珍しい石も

IMG_3139
宝石以外にも石関連の展示物がとても豊富
小さい頃アンモナイト欲しかったなぁ・・・

IMG_3142
 人の背丈ほどのアメジストも

宝石や天然石、鉱物が大好きな方には絶対にお勧めできる山梨宝石博物館。
ちなみにフラッシュ禁止・商用利用禁止を守れるなら撮影許可を出してくれます。
撮影許可をだしてくれる博物館ってなかなかないんですよね。太っ腹ですわ。

河口湖に行くときは毎回ここに行くんですが本当に大好きなんですよねぇ・・・ここ。
興味が出た方は是非行ってみてはどうですか?頑張れば日帰りも可能ですよ!w

前回足を運んだ時に撮影した大量の写真は「つづきをよむ」でご覧ください(*・ω・)ノ

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4245585820281867"
data-ad-slot="4138241560"
data-ad-format="auto">




続きを読む

誰でも簡単!月の撮影の仕方!

お月様って良いですよね。真っ暗の中にぽっかり浮かぶ満月。
星もいいけど月もいい!綺麗な月を見るとついついスマホで撮影するのですが、ただの大きいライトみたいにしか見えない・・・。

image
こんなかんじ

大きく見えるスーパームーンとか見れてもこんなんじゃなんだかがっかり。
スマホで月の撮影が無理だとしてもマニュアルのコンデジや一眼レフを所有している人なら月をとっても綺麗に撮影できる方法があるんです!

この記事を読めばあなたも今日から月の撮影ができちゃいますよ(*・ω・)ノ

月を撮影するために用意するもの

まずはこれが無くては始まりません!用意するものは・・・
  • 一眼レフカメラ本体orマニュアル撮影ができるコンパクトデジタルカメラ
  • 35㎜換算200㎜以上のレンズ(一眼のみ)
  • 三脚(あると便利)

以上です。
広角レンズを使うと月はかなり小さく写ってしまいますので撮れない事は無いですががっかりしちゃいます。
コンデジの場合は「デジタルズーム」機より「光学ズーム」機をお勧めします。
光学ズームかどうかがわからない!なんて人は使っているデジカメの型番などを入力して「ズーム」の項目を調べてみましょう。
(~倍まで光学、~からはデジタルなんて機種もありますから)

三脚は人によります。望遠で月を撮影するので手振れが普段より大きく反映されます。
「すぐ手がぶれちゃう!」なんて人は三脚を用意すると良いかもですね。


満月の撮影から始めてみよう!

誰でも簡単に撮れるのが満月。逆に一番難しいのが三日月。
初心者の方はまず満月の撮影から試してみるのをお勧めします!

  1. カメラをマニュアルモードに設定する
    オートでは月が撮れません。いや、正確に言えばスマホで撮ったような白い光の玉になってしまいます。月の撮影をするときはマニュアルで撮影しましょう!
  2. 月齢に応じて設定する
    さて月齢とはなんぞや?なんて人も居るでしょうから説明します。要は月の状態ですね。
    月は新月(見えない状態)から1日目、2日目と数えていくごとに顔を出します。
    月が満ちる満月(15日目)からは1日進むごとに今度は欠けていきます。
    そして新月に戻り、また最初に戻るのです。
    さてとりあえずは満月時の設定ですが、ISO400・F8・シャッタースピード「1/400」あたりで大丈夫です。
    この状態だと少し暗いかもですが、まずはこの設定から始めましょう。
  3. 画像の大きさは最大に設定
    撮影したデータはあとでいろいろいじれるように一番サイズが大きい設定にしておきましょう。
    私の機材「Canon Eos 70D」なら「Lサイズ」という設定です。
  4. 月にズームして撮影準備
    三脚を使う方はここで三脚を。使わない方はそのまま月にレンズを向けましょう。
    手ぶれ補正機能がついているレンズ・カメラならONにしておきましょう。
    月にピントを合わせてそのまま撮影します。
    撮影後は写真の確認です。どうですか?綺麗に写っていますか?
  5. 確認後の調整
    撮影した写真が明るいのであれば「シャッタースピードを速くします」写真が暗いのであれば「シャッタースピードを遅くするorISO感度を400から800にあげてみる」この方法で微調整して再撮影!もちろんちょうどいい明るさなら問題ないです!
さて?どうですか?綺麗に写りましたか?
設定がちゃんと合っていれば綺麗に写るはずです!

IMG_03926
こんなかんじ
F/8 1/200 ISO100 250mmで撮影 

 

撮影した月を大きくする

さて。250㎜のレンズで撮影していますが、なんだか少し小さく感じます。
良いんです。だって切り抜いて大きくしちゃえばいいんですから。

  • 画像編集ソフトで切り抜く(トリミング)
  • フルサイズ一眼レフならクロップ(拡大)する

今回は切り抜き方や画像編集については省略させていただきます。
無料の画像編集ソフトでもいいですし、一眼レフにセットされている画像編集ソフトも使うもよし!
もちろん特に編集せずともよし!私は画像編集には無料ソフトの「GIMP」を使っています。

IMG_0396
余計な余白を切り取った写真
大きく見えません? 

ホワイトバランス(WB)を変えると月の色も変わる

月は白いのや灰色、黄色など皆さんのイメージによって変わってくると思います。
ここで重要なのがWB。
自然光や蛍光灯など設定を変えていくことで月の色が変わります。

IMG_3009
青い月どころか赤い月も可能!

オススメのホワイトバランスなんてものは無いので好きな色で撮ってみましょう!

満月以外の撮り方

満月が一番明るく撮影するのが簡単なんですが、新月に近くなれば(暗くなれば)なるほど撮影は難度が上がります。

IMG_0314

IMG_0225

暗くなる=明るく設定すれば写りやすくなるので、満月での設定時の
  • ISO400
  • F8
  • シャッタースピード1/400
を明るい方向に変えて調整していきます。

半月ならISO400 F8 1/200
三日月ならISO800 F8 1/100

のようなイメージでしょうか?
シャッタースピードを遅くすれば手振れに気を付ける
F値(絞り)を開けるなら画質が落ちる
ISO感度を上げるとノイズが乗るかも
など自分の撮影したい状況に合わせて撮影するのが大事です。

さいごに

  • 撮影した月が真っ白!真っ黒!みたいな場合は設定の確認!
  • ISOがオートになってません?絞り優先やシャッター優先の設定になってません?「Av」「S」等
    マニュアル「M」モードで必ず撮影しましょう!
     

いかがでしたか?慣れてくると月の撮影なんてすっごく簡単なんです!
しかし風景と月というのはとても困難です。

IMG_2438

月のクレーターを映したい場合は風景は暗く写りますし、風景を明るくすれば月はただの光の球に。
この場合はHDRや、多重露出、昼間の月など少し工夫をしないと難しいです。

星景写真はすこし敷居が高くても、月の撮影は設定さえ覚えてしまえばとても簡単です!
良いカメラを持っている方ならすぐに挑戦できる月の撮影!
ぜひぜひ綺麗なお月様の撮影にチャレンジしてみてくださいね(*・ω・)ノ






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4245585820281867"
data-ad-slot="1045174363"
data-ad-format="auto">



 
ギャラリー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
  • ⑥ LEGEND BB 飛駆鳥大将軍 ガンダムベース限定 クリアカラー レビュー
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RANK
RANK
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード