私iPhone派なんですよね。
突然何言ってんだこいつ?ってなるんですが、初期のandroid2とかの動かなさを知っているとそりゃ泥スマホって敬遠しません??僕はそうだったんですが。


しかし、今のandroidは使いやすいんですね。驚きました。


正確に言うとandroidベースのcolorOSを搭載しているOPPO(オウガジャパン)社のスマホなんですが、コレいいですね!!
なんか先週の記事とデジャブってるんですが実は今回も私が使うものではありませんw

僕の父が携帯を持たない派でずっと通していたのですが、昨今のコロナ事情などから仕事でどうしても携帯電話を持たなくてはならなくなったようで。
なんだかんだ3か月ほど迷っていたのですが、楽天モバイルの1年無料キャンペーン中+私が契約したので知識があったため、強く勧めて契約することになりました。

当然スマートフォンなんかは初めて触るものなので全くわからないため、初期設定とその他諸々を学ぶために私がいじり倒して記事にしてやろうと・・・!


いやー、ありがとうパパン!


というわけで今回はSIMフリースマホの中では格安!性能も悪くない「OPPO A73」の簡易レビューです!(*・ω・)ノ


以前書いた楽天モバイル関連記事はこちら⇓


着弾!!


IMG_6373
ネット契約で今回は楽天モバイルさん
注文後三日ほどで到着。思ったより早くて驚き!


IMG_6375

IMG_6376

IMG_6377
箱の中身はシンプルですね
SIMカードや開通手続きの設定方法、もろもろが封入されています

IMG_6381
A73本体の化粧箱
細い銀ラインにオーロラ調の機種名刻印
箱もiPhoneレベルでしっかりしていて好印象

IMG_6384

IMG_6385
ごめんね!父上!!(許可済み)
とりあえずこの時点で「はーw中華スマホねwww」なんてのは消し飛びました
正直昔のOPPOの製品とは別物。なんだこれかっけえな

IMG_6386

IMG_6387
針金みたいなSIMピン。これはiPhoneなんかと一緒
クリアケース付きです。ちなみに本体にはすでに保護フィルムが貼ってあります
これ他のスマホでもこうしてくれないかしら??

IMG_6388
箱の最下段には充電器一式(USB‐TypeC)と専用イヤホン
専用とついていますが普通のマイク付きイヤホンですね

IMG_6389
裏面はこんな感じ。4眼カメラ付いてるんだけど・・・
この値段で4眼とか凄くない?

IMG_6371
父親本人にガラスフィルム使用するか聞いたところ二つ返事で欲しいとの回答
ケースも同じく必要らしいのでそこそこ信頼性のあるラスタバナナ社のアクセサリを採用
なんだかんだここが適度な値段と適度な信頼性だと思うのです

格安系のフィルムやケースもあるんですけど、まぁこれぐらい値段出せばそこそこ良い物なので。

IMG_6390
ガラスフィルムを張るために保護シートを剥がします
液晶画面の保護フィルムも剥がしたいところなのですが、これがまた大変
結構しっかり貼り付けてあって一苦労でした
(マスキングテープ+極薄のデザインナイフで隙間に入れて浮かせました)

これ逆に考えるとかなりしっかりとした精度で張り付いているってことですからある意味信頼できます。
剥がしたフィルムは「PET製」っぽい結構硬めのフィルム
ガラスフィルムにこだわりが無ければそのまま使っても問題ないと思います

IMG_6394
すっごく頑張って埃を入れないように貼り付けていきましたがやはり微細な埃は無理ですね・・・
風呂場とか裸でやるべき。まぁそれでも入る時は入るんだけどね・・・

IMG_6395
さっそくスイッチON!
初期設定はスマホOSあるあるの簡易的なものですね
特に問題が無いので適当に進めます

IMG_6398
今回はRakuten機種なので中身が楽天カスタマイズされているみたいです
楽天以外で購入するSIMフリー機は多分アプリが少なくなっているはずかと
液晶が有機ELなのでくっそ綺麗で変な声が出ましたw

IMG_6400
僕のボロボロiPhone6ちゃんと並べてみた感じ
単純な大きさ+ホームボタンが無い分、画面の大きさはかなりちがいます
えー、、、大きいのって邪魔だなぁって思ったけど結構欲しくなってきた・・・。。。

IMG_6401
基本設定と動作確認が終わったので電源を切って、SIMカードを入れたいと思います
A73はこの部分にSIMスロットがあるのでここにピンを挿します

IMG_6402
スコッとスロットが抜けたらSIMカードをセット
もう一つのスロットにはmicroSDカードを入れることができます
ここは本当にiPhoneと違って本気で羨ましい点の一つ・・・

IMG_7219
実家で受け渡しして教えているときに撮影
ケースを取り付けるとこんな感じ。かっこいいですねぇ

iPhone以外の携帯って案外悪くないじゃねぇか!!

と、父親に教えるために一通りいじり倒して勉強してみたのですが、8年ほど前のandroid携帯への認識が止まっている僕としては正直見直しました。
A73に搭載されているOSはandroid10ベースの「colorOS」というOPPO独自のOSですが基本的な部分などはandroidです。
パソコンのchromeOSなどと一緒で少し本来のandroidOSとの違いがあり、癖がありますが、逆にiOSのように直感的に操作でき、簡単に使いたい人ほどこちらの方が良いかもしれません。


OPPO A73Pの良い所
  • 有機EL搭載
    一般的な液晶より「黒色」がしっかり出る綺麗な液晶という認識してもらえればOKな有機ELディスプレイ。
    真っ黒にしっかり映るという事は他の色もしっかり綺麗に発色するという事です
    PSVitaやiPhone12などに搭載されている綺麗な液晶と一緒と考えたら画面の綺麗さはなんとなくわかるんじゃないかなと思います

  • 4眼カメラ搭載
    広角・超広角・望遠・通常と4種類のレンズを搭載。暗所ではノイズがまぁまぁ乗るので物凄い高精細!!とはいいがたいですが、それでもかなり綺麗です

  • eSIM対応!デュアルSIMに!
    DSDV対応!ってよくわからないですよね。
    物理SIM(カード)+本体内蔵の「eSIM」での最大2回線を使える携帯なんですよこれ!
    今回の例でいえば楽天回線SIMカード+eSIM対応の携帯会社を使えば1つのスマホで2つの電話番号などを切り替えて使うことができます。もちろん逆でも可能。
    使い方によっては「かけ放題の携帯会社A」+「1年無料の楽天モバイルでネット」なんてすればかなり快適に運用できたりします

  • FMラジオが使える
    これイヤホンをつけた時のみですがFMラジオ使えるんですよ。
    僕の父はラジオ大好きっ子なのでここにやたらテンション上がっていました。
    イヤホンをつけないと使えない所はデメリットなのですが、人によっては大きな利点なのでは?

  • 本体価格が安い
    これだけ機能が充実していてSIMフリー機種を購入しても実勢価格が3万行かない程度。
    場所によっては2万です。
    楽天モバイルでの契約だと実質5000円で購入できます。
    昨今のスマホ本体高騰化を考えるとそこだけで正直魅力的

 
OPPO A73の微妙な所
  • 気持ち動作が重たい時も有り
    まぁここらへんは仕方ない所かもしれません。ハイエンド機種に比べればメモリ・CPU共にミドルスペックなので。(RAM4GB/Qualcomm Snapdragon662)
    電源投入時の立ち上がり、多重にアプリを開いた時のもたつきをたまに感じます。
    あまり高負荷のアプリをいくつも立ち上げた時はタスクキルをしてメモリ開放しないとサクサク感が失われていきます
    さすがに私のiPhone6よりは快適ですけどね!!

  • 電源ボタン、音量ボタンの位置
    ここは気になる人は気になるかと
    本体中央部の近くにボタンがあるため持ち方や手のサイズによっては予期せぬスクリーンショットや電源ボタンに触れたりしてしまいます。
    ボタンが結構出っ張っているためものすごく押しやすいのですが、押しやすいからこそミスタッチすることもあるのではないかと。

とこんな感じでしょうか。
本体裏面のレザー調のデザインは物凄いカッコいいんですよね。あくまでレザー調で粘りのあるプラスチック素材にレザー刻印がされているっぽいですね??
手触りはかなりグッド。ずっと触っていたくなるような独特の質感です。
ケースをつけないであえてこのまま使いたくなるぐらいにカッコいいです。

指紋認証・顔認証式のロックですが設定からパスワードに変更も可能です。
カメラの性能は抜群とは言えませんが、動画撮影もスローモーション機能やフィルターパノラマとこの価格帯のスマホにしては全部載せ。
値段を考えるとかなり安いですし、画面も綺麗かつ大画面ディスプレイ。

とりあえずそこそこのスペックでこの値段!android機種を使用している人は大きな嫌悪感も無く使用できると思いますので、「お、ちょっといいかも」なんて思っている方は購入しても満足すると思いますよ!(*・ω・)ノ





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
やがみんの作業倉庫 - にほんブログ村