さて楽天モバイル契約してどうですか??
なんだかんだかゆい所に手が届かない部分も無きにしも有らずではありますが無料だから結果的にOKー!
・・・ではあるのですが、契約したらこれだけはやっておいた方がいいぞ!!なんてことを思ったのでこの設定をお勧めします。理由は後述。

楽天モバイル契約したときの記事はこちら⇓

パートナー回線のデータ高速通信を切っておこう

これです!とはいえお外で使用するタイプのスマートフォンユーザーさんはとりあえず状況次第で使い分けるべきではあるのですが(繋がらないパートナー回線エリアの場合遅くなる為)
Wi-Fiの場合はもう切りっぱなしで良いと思います。

これの利点は
  • パートナー回線使用時でもデータ消費無しで使える
ここですね!
正確には「どうしても楽天エリア外で高速通信を使いたい場合、保険として残して置ける」という事です。
普段はパートナー回線で遅くても我慢できるけど、急ぎの用事などでどうしても高速回線で使いたい場合データ容量を節約しておけば切り替えるだけで高速通信できるってわけですよ!!
また、楽天回線・パートナー回線を場所によって自動で切り替わるシステムなのでデータ容量の節約なんかは自分自身ですることは実質不可能なのでこの設定をすれば自分の意志でしっかりとデータ節約できます。

それでは設定の本題!
スマートフォン携帯電話・pocket Wi-Fi両方とも共通で設定方法は同じです。

まずは「My 楽天モバイル」へアクセスします⇓このMy楽天モバイルではいろいろなその他の設定、月額料金の確認やオプションの変更などいろいろ使用できるので頻繁にアクセスするクセをつけておくといいですよ。


001


左側に「自分の電話番号」がみえていて、その下側に「データ高速モード(黄緑色で囲ってある所)」という項目が見えますでしょうか??(私の番号はモザイクにしています)
これをクリック(タッチ・スライド)させて「OFF」にします。
以上。簡単ですねぇ!

これで楽天エリア外のパートナー回線使用時でもギガ消費無しで低速運用ができます。
「気づいたらギガ容量全部使い切ってる!!」なんて事が起きないんですね。

逆にエリア外での高速通信を使いたいときには同じ手順でデータ高速モードを「ON」にすれば使えるようになります。
ちなみに「高速モードはパートナー回線のみ」のお話なので、楽天回線を使用時には関係ありません。
楽天回線を使用している時はしっかり高速のままなので安心してください。

ついでに他の機能も使用しない場合はここでOFFにしておきましょう
「契約プランを表示」ボタンを押すと下の画像のような画面になります

002
青い枠で囲った場所ですね。自分の「使う・使わない」でON/OFFしていきましょう
私は海外ローミングは使わないので万が一に備えてOFF
pocket Wi-Fiを使用しているので国際電話サービス、留守番電話なんかもOFFにしました

さりげ着信転送や一部オプションサービス無料なんですね
au・docomo・Softbankなんかはここ有料な部分が多いので

R310(楽天パンダルーター)のバンド固定をする方法

先ほどは「楽天回線・パートナー回線両方使用時などのスマホ・ルーター両方でのお話」です。
こちらは主にpocketWi-Fiなどのルーターのお話限定です。

バンド固定って何ぞや??って疑問が飛ぶと思うので
すが、サクッと簡単に説明すると
「楽天回線のみを拾う(接続)」事を指します。
これの利点はなんですか??ってところなんですが、「楽天回線もパートナー回線も拾えるエリア」にいる場合基本的に楽天回線を拾うように設定されているのですが、楽天回線の電波強度が弱い場合パートナー回線に切り替わるようになっているんです。

楽天回線が入る場所なのにパートナー回線で繋がっている場合があるってことですね。

だから「バンド固定」をして強制的に楽天回線のみを受信してもらうとパートナー回線を全く使わないという芸当ができちゃうわけです。

もちろんバンドを固定してしまうとパートナー回線は拾えないので楽天回線が無いパートナーエリアでは全く電波が入らないことも覚えておいてください。

雑に言えば「楽天回線しか繋がらない。パートナー回線しか繋がらない所では圏外」という事です。

基本的にスマホでは運用しない方法(お外でいきなり電波を拾わなくなるため)なので今回はパンダルーターでの設定のみの紹介です。
(スマホのバンド固定の場合機種によってさまざま設定方法が違うorバンド固定自体ができない)


R1
  • まずはRakuten mobileの量産型ルーターの楽天パンダWi-Fiこと「R310」さんにスマホやパソコンをWi-Fiで繋げてインターネットブラウザを開きます
    (safariやchrome、ネットが見られればなんでもOKです)

  • 接続完了後ブラウザのアドレスバーに「192.168.0.1」と入力してページを開きます

  • R310の本体の管理ページに直接行けるのでここでユーザー名・パスワードを共に「admin」と入力して管理画面にログオン

R3
  • ログオン後は画像のようなページになるので、まずは「ネットワークに接続」OFFにします

  • OFFにしたらすぐ横の「ネットワーク設定」「接続設定」を開きます

R4
  • 接続設定画面にて「ネットワーク選択」を選び、画像のような画面を開きます

  • ネットワーク選択が「自動」になっていると思うのでここを「手動」に変更し「検索ボタン」を押します

R5
  • 検索画面で少し待つと画像のようなページが開くと思います
    ここでMCCMNC「44011」という名称の「Rakuten」ネットワークを選択して登録

  • ここの画面で他の会社が出たりしますが、設定しても楽天のSIMカードでは当然使えませんw
    おとなしく楽天回線のみを選択しましょう。

R2
  • 登録が完了したら最初のホーム画面に戻り、ネットワークに接続を「ON」にして設定は完了です
    これを忘れるとネットワーク(インターネット接続)ができません!忘れずに!

とこんな感じでパンダルーターのバンド固定が完了しました。
これで楽天回線のみを使用するので、電波が少し弱くてもパートナー回線に切り替わったりするわずらわしさから解放されます!

!注意点!なのですがルーターの再起動をするとこの設定はリセットされてしまうようです。
継続的に使いたい場合は電源をOFFにしないように気をつけましょう。


21/04/05追記
スマホ使用者は「RakutenLinkサポーター」をいれよう!

android携帯のみですが楽天リンクを使用せずに電話をかけてしまうというミスが減るのでこのアプリを入れておくことをお勧めします!!

Rakuten Linkサポーター
Rakuten Linkサポーター
開発元:Masaru
無料
posted withアプリーチ

楽天には通話料が無料になる「RakutenLink」有料通話の「電話」アプリがあります。
ここ少しめんどくさい所なのですが、かけるときは普通に楽天リンクを使用すれば問題ないのですが、着信履歴や電話帳などからかけるとスマホによってはなぜか「電話」アプリから発信してしまうことがあるみたいです。

「RakutenLink」からかけたつもりが「電話」でかけてしまい有料通話→高額請求へ・・・なんてことを避けられるのがこの「RakutenLinkサポーター」です。
間違って(勝手に)電話アプリを開いて通話しようとするとこのサポーターが自動的に楽天リンクに切り替えてくれる優れもの!!

機種によって少し設定が違うのですが、とりあえずこのアプリを入れて設定→試しに電話アプリを使用してみて、楽天リンクに切り替わればOKです。

iPhoneではこのサポーターアプリは使えないため、楽天を運用している方は残念ながらよーく確認して楽天Linkを使用しましょう汗

まとめ

  • パートナー回線を「節約」したい場合は「データ高速通信」をOFF
    高速通信をオフにしたい場合、My楽天モバイルページにアクセスして変更する
    もう一度使いたい場合は逆の手順でオンにする

  • パートナー回線を「使わない」場合は「バンド3に固定」
    ブラウザを開き「192.168.0.1」を入力してルーターの管理ページへ
    ネットワーク検索を自動から手動に変更し、「44011(バンド3)」へ固定する
    ※バンド固定はMy楽天モバイルではなく機種依存。使用する機種によって設定方法が違います
  • スマートフォン使用者は「RakutenLinkサポーター」を導入する事!
    これを入れることで事故的な有料通話の失敗をなくすことができます!

設定しないといけない面倒さがあっても設定できるだけある意味マシですね!
バンド固定時の速度安定はなかなかのものなのでWi-Fiを契約した人はband固定するのをお勧めします!

いろいろ調べたら結構情報あるようでないので誰かの役にたつと嬉しいですー^^

やがみんの作業倉庫 - にほんブログ村