前回の記事はこちら↓

SDガンダム BB戦士
LEGEND BB 「飛駆鳥大将軍」 クリアカラーVer
ガンダムベース限定品

さて前回まででパチ組みが完了したので今回からは僕の作れる最強のビクトリー大将軍!!!
なんてコンセプトで手を加えていきます。
シール類は特殊素材「プリズムシール」「ジュエルシール」などは喜んで使用していきます。
シンプルな通常シールは使わず該当部分は極力塗装。

問題はメッキ部分。メッキ部分の塗装は正直面倒+高リスク低リターンを取りたくない・・・。。。


と、いうわけで


メッキ部分には秘密兵器「ハセガワ フィニッシュシート」シリーズを使用していきます。
メッキ部分の煌めきをつぶさずに色を綺麗に発色させるには塗装よりこっちがいいな、と。
  • ハセガワフィニッシュシートシリーズとは??
    極薄の曲面追従シートです。曲がっている部分や凸凹した部分にも張り付き、カットが可能。
    メッキのようなミラーフィニッシュ、細かい模様のカーボンフィニッシュ。
    クリアパーツやメッキの反射を利用してカラーパーツにできるクリアフィニッシュ。
    見る方向で色が変わって見える偏光フィニッシュなど様々な表現をすることが可能です。
    少しお高いのが難点ですが物凄い質の良い商品です。

    公式HPはこちら


IMG_5693
こんな感じの局面追従シートです
今回はメッキの色味を利用してレッドメッキにしたかったのでクリアーレッドを選択

IMG_5694

IMG_5695
貼り付けたい部分より少し大きめに切り出し、パーツに載せていきます

IMG_5696
一点を接着(勝手にくっつきます)したら気持ち引っ張るように貼り付けていきます
凸凹に追従するように綿棒などでごしごし空気を抜きながら密着させます

IMG_5697
綺麗に張り付いたらデザインナイフなどでカットしていきます
この時は新品の刃を使いましょう!
優しくなでるだけでスーッと切れてくれます

IMG_5698
切った部分のヘリをまた丁寧に密着させて完成!
見事に赤いメッキに見えるでしょ??
これを塗装でやるのは大変ですから今回の選択は正解!!

IMG_5699

IMG_2898
レッドメッキにしたい部分にじゃんじゃん貼っていきます
小さいので大変・・・。最初は慣れがいりますが段々綺麗に貼れるようになります

IMG_5703

IMG_2899
途中経過のチェック
挿し色が入ったことによってただでさえカッコよかったビクトリーがさらにカッコよく・・・。
もうこの時点でかなりイケメン

IMG_5702
赤くした部分は本来シールで赤く表現される場所+α
あくまでレッドメッキにしたいのでゴールドメッキ部分以外は塗装で仕上げます

IMG_2924
正面から!本体部分はほぼ終了!

IMG_2923

IMG_2925
ジュエルシールも貼って、肩の黒はブラックメタリックに塗装
肩の大きな赤い六角形はパーティングライン消したかったのですが、メッキなので断念
鎧パーツはかなり小さい部分がありましたが頑張った甲斐があります

IMG_2933
クリアパーツに塗装を施していきますが、まずは地獄のマスキング
肩と違い黒ではないのでクリアに塗り分けたいな・・・と

IMG_2934
マスキングがきつかったひとつがこの羽根の基部です
1色ぬってからマスキングをかけなおさなきゃいけない+塗る色の順番
さらに基部の塗りたい部分にはピンがあるのでどこまで塗装するか??
と、かなり悩みました

IMG_2935
左上に切り出した4枚のマスキングテープは後で再利用
もう一度シールを使ってマスキングを作るより同じものの方がしっかりマスクしてくれます

IMG_2938
肩アーマー部分
ここは大きい部分が赤、マスキングされているところが青なのでとりあえずこんな感じに

IMG_2939
羽根の基部を一段階、塗り分けた状態
黄色すぎてわかりにくいと思ったので○をつけました
GSIクレオスMrカラーのクリアイエローです
下地に本来かなり左右される色なのですが、今回みたいな乳白色パーツでは逆にベスト

IMG_2940
超将軍形態の腰アーマー部
このちゃんとV2ガンダムのスカートと一緒なのがニクい
色分け面倒なんだけどな!!!!!

IMG_2941
マスキング第二段階に入るためにテープを切り出したり戻したり、
さらに貼り付けたり、浮いていないかもう一度密着させたりしながら進めていきます

IMG_2942
黄色く塗装した部分は塗りたくないので、再利用すると言っていた切り出したマスキングテープを貼り付けます
予定通りピッタリ(そりゃそうだ)マスキングができました!

IMG_2943
黄色の次は赤!
こちらはガイアノーツのクリヤーレッドにほんの少しクリアイエローを足したもの
ここにハセガワフィニッシュ貼れば・・・?と思ったりもしたのですが、塗装できる部分なので
そんなお高いシートバンバン使えるわけないだろ!!!

IMG_2944
塗装が終わったらマスキングテープを剝がしていきます
少しはみ出てたりしてますが、まぁ良いだろう!!
なかなか綺麗に塗り分けられました!

IMG_2937
こちらの限定版のみに付属している「光鳳剣(こうほうけん)」もマスキング
この程度なら失敗の可能性も無いですし、鍔(つば)の部分をクリアイエローで色付けしようかと
ちなみに光鳳剣は父親「新世大将軍」の武器です

IMG_2945
なかなかいいんじゃないでしょうか?
メッキパーツのままでも十分カッコいいのですが、やはり挿し色が入ると映えますね!

IMG_5706
携帯のライトで透かしてみます
これこれ!これの為にあえてクリア塗料を使ったんです!

透明なプラモデルやガンプラって美しいスケルトンカラーを活かしたいんですよね
そのまま作りたいのですが、それだと案外地味になるキットも・・・

ですのでクリアを活かすなら塗装もクリアにすればいいのでは!?
目論見がなかなかうまくいきそうで嬉しいですw

と、今回はここまでですね!
最初は3記事程度でまとめようと思ったのですが、ウォーグレイモン同様で気合が入ったものはついつい熱量が暴走してしまいますねw(これでも撮影した写真大分減らしたんです)

次で何となく完成したビクトリー大将軍を紹介できると思うので楽しみに待っていてくださいね(*・ω・)ノ

≪次回を待て!!≫








ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
やがみんの作業倉庫 - にほんブログ村