「ープルプルプルプル!~~~~!ー」

MG 1/100 AMX-004-2 キュベレイMk-2 エルピー・プル専用機

プル可愛いよね。プル。元祖ロリとも言えるプル専用機の紫キュベレイです。
発売はそこそこ古め。白キュベレイが2004年発売、中身が大して変わっていないと思うので、仕組み的には00年代初期MGに分類されるはずです。

おまけに結構大きめのプルちゃん人形と可愛いプルちゃんデカールが付いてきます。
プルちゃんファンの大きいお友達にはたまらないね!

2009110219424617e
箱絵のカッコよさが異常

このプラモ買ったは良いのですが、じつはなんだかんだと5年ぐらい放置していました。
箱から出していないならまだしも、表面処理して、下地色塗って・・・。だらだらと放置・・・。
ごめん、ごめんよキュベレイ。
最近リハビリがてらにやっと作れたので記事を書こうと思います(*・ω・)ノ

IMG_5456

IMG_5457

IMG_5455
まずは5年ほど前の写真から
外装の下地処理したあとにお決まりの黒サフで塗装
本体フレーム部分は好みの色でガツガツ一発塗りしていきます


IMG_5458
MGキュベレイシリーズは塗装しなくても結構ツヤツヤなんですよね
グロスインジェクションというよりはテッカテカ。写真を撮ってないのがアホの極み
というわけで黒立ち上げから銀色に塗装

ここから5年・・・。

IMG_4274

IMG_4275

IMG_4276
綺麗な場所にしまってはいたのですが、さすがに5年放置していたので一度洗浄
そのごクリアパープルでゆっくり色を付けていきます

IMG_4278

IMG_4613
パープルだけでの色味じゃ肉眼で見ると深みが足りない気がしたので
クリアブルーも重ねています。当時の下地処理が甘かったなぁ・・・。

IMG_4614
コンパウンド一回目(細め)

IMG_4615
コンパウンド2回目(仕上げ目)

IMG_4623
コンパウンド3回目(セラミックコンパウンド)

IMG_4625
モデリングワックス塗布後
実際は完璧な中研ぎなんかもやろうと思ったのですが、リハビリなので今回はスルー
パーツごとに微細な色の違いも生まれていたので、全部1から塗り直したくなる→終わらない
今回の目標はあくまでリハビリ。。。そう言い聞かせて次に進みます

IMG_4723
プラモはやっぱりこの組立が最高に楽しいですよねー!
ピンク部分はGXメタリックピンク。5年もたっていたのに良い発色ですw


IMG_4724
フラッシュして撮影してやっとわかる程度なのですが、ツインアイ部分は部分塗装で
無色透明のパーツなのですが、クリアピンクで大まかに塗装後、エナメル塗料黒で目以外を塗りつぶしています
内側に光を反射するようにアルミテープを張り付けて組み立て

IMG_5736
外装取付前。引きで見るとこんな感じ
うほ~、フレームでもキュベレイさんはかっこええわ!!!


FullSizeRender

IMG_4725

IMG_4726
やはりツヤの出し方が甘かったなぁ・・・。でも組み立てて見るとカッコいい
完成しないよりマシマシ!!ある程度妥協も必要です
次へのモチベーションにつなげてこ!


FullSizeRender
キュベレイといえばやはりこの大型バインダーですよね
これが手に持ってみるとやはり大きい

FullSizeRender
組み付け完了!
ここからは一気に写真を投入!

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_4727

FullSizeRender

FullSizeRender
美しい・・・!!!!

まとめ

リハビリ第1号としてはなかなか難易度が高かったキュベレイ。
正確には塗る面積が広くて大きくて、ムラが出やすいんですよね。
ここはまた技術を磨いていくとして・・・。気になったところをザッと書きます!

  • 成型色は綺麗な色!傷にだけ気をつければパチ組みおすすめ!
    とりあえず塗装してしまいましたが、そのまま組んでもカッコいいキュベレイができます。これは素直に凄い。
    メッキパーツではないので丁寧に処理すればゲート跡も目立ちません。
    ツヤツヤ成型品なので傷がつきやすい(目立ちやすい)のが難点か。
    購入時にパーツ同士のこすれ傷なんてあったらちと悲しいかも。
    その場合は素直に磨き布や細かい番手のコンパウンドで磨きましょう。
    これは白キュベレイなら傷は目立たないと思います。
  • おおきい!存在感凄い!
    と、いう事は飾るのが場所を取ります。見て大きいことはわかるのですが、目の前でみると実際違うんですよね。
    飾るスペース(特に横幅)が少ない人はちょっと考えてから。MG2体分は余裕で使います。
    逆に高さは一般的なMGと同じ。フルコーンよりマシです。

  • 足の外装類だけ気持ちハマりが悪い
    これ昔のMGかつ大型キットに多いのですが、少しだけはめ合わせがズレている気がします。
    個体差はあるのでしょうが足パーツのはめ込みだけ少し丁寧に組み立てましょう。
    背面腰部のフィンファンネルコンテナも少しだけタイトな感じがします。

と、こんな感じでしょうか??適度に組み立て難度があった上で、しっかり組めるガンプラですね。
足の組み立てだけ気をつければ初心者でも組めるキットだと思います。
全体的にパーツが大きく、構成がシンプルなので。
個人的には良キット。完成後の満足度も高く、プロポーションも良いです。
飾る時は仁王立ちでもいいですが、スタンドを使用して全身を大きく開くように飾るのもオススメです。
飾る広さがあればw

最後に使用した塗料類ですが、今回はNO調色。
基本的にクレオスのGXカラーを使って塗装しています。
GXメタリックピンクは初めて使用しましたが良い発色ですねー。
MGキュベレイ機会があれば残り2色も作ってみたいものです(*・ω・)ノ