「―さらにできるようになったな、ガンダムッ!!―」

MG 1/100 MSM-07S シャア専用 ズゴック

ジオン水泳部のエース「ズゴック」さんです。
通常カラーのズゴックは青系統シャア専用機なのでカラーリングはおなじみ赤系統です。
ザクⅡ→ズゴック→ゲルググ→ジオングとシャアは1作品でかなりの機体を乗りかえていますよね。

箱絵

内部フレームもしっかり作られていますが、ボールやアッガイほどではありません。
発売年は2003年。エールストライクガンダム(初代)などと同じころのガンプラですね。

足は大き目。膝上の関節部の一部にゴム製のワイヤーみたいなのを組み込みます

腰まで完成。腰の上下にゴム製のパーツを挟み込みます
水中モビルスーツだからという設定で浸水しないようにゴムが入っているんだと説明書には記載
当時としては新しい試みがガンプラの良い所 
実際に水に沈めたらダメですw

 ズゴックの一番力を入れられていた上半身フレーム
左右胸部のフィンは可動式。モノアイも頭部パーツを外せば簡単に可動するようになっています

完成!!
手のクローは選択式で「3本爪」か「4本爪」をどちらか選んで作れます
劇中再現なら3本なのですが、今回は好みで4本爪を選択


当時の画像が残っていなかったのですが、 ズゴックさんはその後しばらく飾られた後に分解。
キャンディ塗装の練習台として選ばれて再塗装。

間接部などのハマりがかなりきつく、分解するのは正直一苦労でした・・・。
ゲート処理、表面処理などを一からやり直し、サフからの黒立ち上げ。

2015-09-21-13-50-04
じゃん!生まれ変わりましたー
赤部分はガイアノーツのクリアレッド
ピンク部分はクレオスのクリアカラーGXのクリアピンク
 関節部の黒などはメタリック黒系の余りを適当に

2015-09-21-13-50-49
 背面
爪はうすくパール処理をしています

2015-09-21-13-50-31
 頭頂部のミサイルポッドはシルバー系の塗料で塗装
キャンディ以外の部分は艶消し仕上げです 


まとめ

ジオンのMSは本当にカッコいい!
組立難易度は普通。腰部のゴムパーツのハマりや腕部分の作成が難しいと感じる人が居るかも?
その他の気になる点をいくつかあげます
  • 膝上、肘上の関節パーツの処理
    これはパーツが丸いことでゲート跡がとても目立ちやすいです。
    丁寧にゲート処理をしないと間違いなく気になるレベル。ここ以外は特に目立ちません。
    合わせ目も肩部分などのみ
  • 可動はするけど少し難点がある
    間接が比較的フレキシブルなのですが、ポーズをつけにくいです。
    各関節部にポリキャップやボールジョイントが入っているのですが、これが少しポロリしやすい。
    足の可動なんかは立膝ができるぐらいなのですが、腕は少し慣れが必要です
  • 相変わらずモノアイがシール
    塗装前提に近く考えられているためですが、MGのカメラパーツは無色クリアが多いです。
    すると無塗装派は付属するシールで対応せざるえません。このシールがシワが入るんですよね・・・。
    仕方のない所なのですが「シールはいや!塗装はできない!!」
    なんて人は専用のモノアイパーツに換装するか、メタリックシールで対策を!

こんなところです。しかしプロポーションは抜群なこのズゴックたん。ほぼ完全再現なのではないでしょうか?
なによりも無塗装で色分けほぼ完ぺきなところは素晴らしいの一言。

MGアッガイと並べてマッドアングラー隊を結成するもよし。
MGガンダムと戦わせてあの名場面再現するもよし。
なかなかのオススメプラモです(*・ω・)ノ