MGアッガイ。昨日紹介したようにとても素晴らしいキットなんです。
素晴らしいキットではあるのですが、このまま棚の肥やしになるのはなんとも寂しい物です。
作成したのは4年前なのですが、アッガイ好きな僕としてはさらにアッガイを有効活用しなければとプラモデルの神様に話しかけられましたw

さて、このキャンディ塗装。凄く雑に説明すれば下地をいかした多重塗装です。
バイク等のしっかり塗装されている物などに使われているのですが、アッガイちゃんを生まれ変わらせよう!!の勢いだけで塗装しました(*・ω・)ノ

キャンディ塗装していくよ




IMG_9863
とりあえずキャンディ塗装するために分解
その後洗浄→下地処理の為に耐水ペーパーなどで丁寧に下地処理をします

IMG_9925

IMG_9933
間接パーツなどはTAMIYAのレッドゴールドで塗装後艶消しで処理

IMG_9877

IMG_9876
艶消しとキャンディの相互作用でしっかりとしたモデルに仕上げたいためです

IMG_0136

IMG_9924
フレーム部分はクレオスの銀色系
粒子を細かくしたいのでガイアのスターブライトなどは使用しません

IMG_9864
 
IMG_9875
ガイアノーツの「サーフェイサーEVOブラック」で下地処理を簡易化
ヒケや傷を確認したら補修→その後フレーム色とは違う銀塗装を施します
通称:黒立ち上げの行程が簡略化されるのでEVOブラックはつかい所によってはとても便利です

IMG_9878

IMG_9897

IMG_9898

IMG_9899

IMG_9900

IMG_9901

IMG_9926
色味や反射具合をみつつクリアレッド系の塗料で塗り重ねていきます
使用塗料はGSIクレオスのクリアカラーGX、ディープクリアレッド
ムラも少なく色の濃さを調整するのが容易な為重宝しています

IMG_9934

IMG_9929

IMG_9930

IMG_9926

IMG_9928

IMG_0154

IMG_0155

IMG_0142


IMG_0157

IMG_0157

IMG_0158

IMG_0159
色味などを好みの色に調整したら、デカールの貼り付け
その後2倍に薄めた艶有りクリアを吹き付け、研ぎ出しをします
クリアの層をつくりつつ、デカールの段差を消していきます

足り無ければクリアを吹き足し、#1800番の耐水ペーパーでひたすら砥ぎます
ある程度砥いだら、4倍のシャビシャビクリアで垂れる寸前まで塗装
そのごコンパウンドを細め→仕上げ目
最後にハセガワの「コーティングポリマー」で拭きあげます

しっかり磨き上げれば部屋まで映るぐらいの反射をするようになります
深みのある独特のメタリックはこのキャンディ塗装でしか表現できません

IMG_0140
中研ぎ中

IMG_0160
クリア2回目

IMG_0161
 クリア3回目

IMG_0141
コンパウンド細め磨き後

IMG_0143
 中研ぎやコンパウンドの合間にはかならず洗浄を挟みます

IMG_0164

IMG_0165
最終的に高級車の様な輝きまでになります
自分の満足するまでになりましたので、組み立てていきます 


MG アッガイ キャンディ塗装完了!!!

手間は多いもののしっかり塗装と研磨でしあげ、美しく生まれ変わったアッガイが仕上がりました!

IMG_5307
これが

 
IMG_0166
こうなります

IMG_0167

IMG_0168

IMG_0169

IMG_0170
他ガンプラになんか負けないぐらいの存在感

IMG_0171

IMG_0173

IMG_0172

IMG_0175


IMG_0174
ついでなんでMGアッガイの駄目な所「モノアイ」もクリアレッドで塗装しています

IMG_0176

IMG_0177

IMG_0178
後ろ・横
間接類を艶消しで仕上げたため、ピカピカの外装部分とは違った「しまった」表現ができていると思います

IMG_0179

IMG_0180

IMG_0181

IMG_0009
 
IMG_0010
まるでタマムシのよう!


正直敷居が高いキャンディ塗装。まずスプレー缶での塗装は無理に近いですが、とにかくカッコいい
塗装技術もある程度いるのですが、何よりも必要なのは「下地処理」の丁寧さだと感じました。

下地処理をおろそかにするとそのまま鏡面反射の質に関わってくるので、一番大事なのは準備の下地です。
少しぐらいの凸凹なら銀下地の時点や、最終クリアーでカバーができなくもないです
今回のキャンディ塗装はレクチャーを主においていないので説明がかなり雑ですが・・・、

もしこの記事をあげる事によって反響が高ければキャンディ塗装のレクチャー記事を作成しようか考えます(*・ω・)ノ
手間は多く、しっかりと腰を据えて作らないといけない物ですが、このキャンディ塗装の赤いアッガイこと「アッカイ」ちゃん。個人的にはとてもお気に入りの一品にしあがりました!