「―シャア大佐、準備できました!―」

MG 1/100 MSM-04 アッガイ

私やがみんが大好きなMSの一つアッガイ


丸っこい身体。


でっかい頭。


なんなんだよ、この可愛いモビルスーツは。ほんまにもう!!(喜

最近はビルドファイターズ等でべアッガイが登場したため格段に知名度があがりましたね。
MGとして発売されてからずいぶん年数が経っているアッガイですが、とっても素晴らしいキットなんです。

image
箱絵。そこそこ大きい箱です

10044300a
アッガイに当時の最先端技術がつまっています

箱の分厚さとそこそこの幅でかなりぎっちりパーツが入っていました。おまけにディスプレイスタンド水流表現用のパーツまでついている豪華仕様。
これで実勢価格3000円程度なんだから素晴らしい。

この頃の説明書には機体の細かな設定・資料などがぎっちり書かれていて説明書を読むだけでもとても面白いんですよねぇ・・・。またこのパターンになってくれないものですかねぇ、BANDAIさん。

10044300z
10044300z2

説明書から見てわかるとおり、胴体のぎっちり感が凄い。個人的にはPGを作っているかのようなみっちり感でとっても好きです。

IMG_5195
パーツもぎっちり

IMG_5305
フレーム類

IMG_9872
IMG_9838
外装類

IMG_5304
フレームのみで組み上げるとこんな感じ
モノアイはもちろん可動式。フレーム、クリアパーツ、外装と合わせて三段構造になっています

IMG_5307
完成!!

IMG_5308
IMG_5306
IMG_9837
このキットの大きな特徴として「体育座り」ができる所が素晴らしい
肩と股関節が引き出すのでそれによって体育座りを可能にしているのです!
腕などももちろん考えられた可動となっているので余裕で動きます

IMG_5310
 以前作ったMGボールと

ちなみにこのMGアッガイは「TwitCasting(ツイキャス)」内で配信しながら作りました。
その時のキャプチャ動画がありますので、もし参考になれば・・・。


まとめ

まず微妙な点。
  • 先ほどの写真でもだしていることなのですが、モノアイはクリアパーツなのですが無色です。
    薄いピンクのシールを張る方式で色を付けています。
    このシールがテトロンシールなのか少し透けるので、塗装かメタリックシールなどを貼る等をしないとちゃちく見える所が残念な所。
  • 丸みをおびたキットなのでゲート処理がいくつか面倒な所もあり、ヒケもそこそこあるなと個人的な感想です。
良い所は
  • 体育座りができる所ここだけでかなりのアドバンテージ。
    正直感動を覚えるレベルです。間接の引き出し構造が少し硬いかもしれませんが、お好みで慣らすなり、保持力を高めにするなりと対応すればいいと思います。
  • 内部構造にとても力を入れているプラモデルです。
    外装を切り落としたりしてメカニカルモデルを作るのにもいいのではないか?
    MGボールほどではないとはいえ、モールドの多さや胴体の多重構造ワクワクします

墨入れ箇所は多くも無く、どちらかといえばフレームに多め。モールドもそこそこ深めにできているので10年以上経つキットにしては手を入れる所が少ないです。

可動域は体育座りだけではなく、もちろん他の可動だってできます。
胴体が重めなのですが、足底が大きめなので接地面が大きく、そこそこダイナミックなポーズも可能。
手は見ての通り・・・なので武器を持たせることはできませんがw

顔も上下の角度と左右に少し回せるモノアイの位置を好きに移動できるので見た目以上に表情をつける事が可能です。

ディスプレイベースや「カツ・レツ・キッカ」のフィギュアや水流表現のパーツなどおまけも多く、コストパフォーマンスはとても高く、満足度も高いと断言できます!

Ver.2のMGアッガイも見てみたい気もしますが、全然これで完成形!可愛く満足度の高いキットですよ(*・ω・)ノ