ウスラカゲ族「ガブニャン」

IMG_0660
噛まれるとガブニャン菌に感染します

普段はもっぱらガンプラしか作らないやがみんですが、妖怪ウォッチのプラモデルの依頼がきました。
小さなお子さんを持つお父様からです。初めて作りましたがなかなか侮れない妖怪ウォッチプラモデル。
レビュー行ってみましょう!

IMG_1963
パチ組だとこんな感じ(拾い物)
うーん、いくらシールがあるといってもこれじゃぁ子どもがっかりだわな

IMG_1959
合わせ目消しを施しながら、塗り分けれる所を塗っていきます

IMG_1961
顔のせいで凄惨な現場にしか見えない

IMG_1966
塗り分けが大変・・・

IMG_0654
専用スタンド付きで空を飛んでいるような感じで飾れます

IMG_0670
マントはポリキャップが付いているので、開いたり閉じたりの可動ができます

IMG_0669
青いとドラえもんみたい

IMG_0657
後姿。艶消しと艶有りの複合でアニメ絵にできるだけ近づけました

IMG_0660
わかりにくいですが、口は少しだけ動きます

IMG_0661
IMG_0665
下半身を別パーツに付け替えてコウモリモード

IMG_0666
首元の塗り分けがちょっと甘かった・・・。合わせ目はパッと見わからないはず

IMG_0667
納期短かったとはいえ、もっと精進せねば

まとめ

実売800円程度の子供向けキット。対象年齢が6歳からという事もあって作りやすい工夫がされています。
パーツ数は少なく、組立は簡単。接着なども無く、難しい組み合わせも皆無。
ニッパーなどを使わずランナーからパーツを切り取れます。
説明書もフルカラーでわかりやすく書かれており、子供向けにステータス全振りされています。

悲しいかな、原材料を抑えるためなのか肉抜き穴が多いです。
シール貼りが少し難しく、色分けはある程度レベル。
とはいえ子どもが遊ぶには大満足キットとなっております。

僕が小さい頃のBB戦士とは大きく違い、BANDAIの技術の進歩を感じましたw