「―ザクとは違うのだよ、ザクとは!―」

HGUC 1/144 MS-07B グフ

初代の雄「グフ」いまだに根強い人気の機体です。ちなみに07Aが試作機
07B-3”グフカスタム”、07C-3”重装型”、フライトタイプ、ウィジャト・・・案外種類の多いグフシリーズ。
サクッとレビュー行きましょう!

IMG_4771
合わせ目を消しつつキャンディ塗装

IMG_4792
コンパウンドで磨きつつ、バランス確認

IMG_4218
このランバ・ラル 戦いの中で戦いを忘れた!

IMG_4219
本体の濃い青部分は下地の色を出しつつ、薄くメタリック塗装+つや消し
 
IMG_4221
 モノアイは半球状のジュエルパーツを切り出して加工

IMG_4225
キャンディ塗装の青装甲以外は艶消しで引き締まった雰囲気に

IMG_4223
特徴的なハンドバルカン、同梱物はヒート・ロッド、グフ・サーベル(ヒート・サーベル)
ヒートロッド用交換持ち手、シールド

IMG_4229
ヒートソードはクレオス「オレンジメタリック」
持ち手を使うと少し斜めに構えます 

IMG_4227
IMG_4226
光が入るとモノアイが煌めく。モノアイはやはりこうじゃなくちゃ!!

まとめ

発売は2006年のHGUCグフ。10年前という事もあり、足や所々に分割線がっつり入ります。
気になる人は間違いなく合わせ目消し推奨。

可動もお世辞にも広いとは言い難いです。スカート部分はMGのように分割されていないので、躍動感あふれるポーズを取らせるなどは難しい。
胸部コックピットはシールで色分け。ヒート・サーベル、シールドは完全単色でシール無しです

この足りない感を楽しむのがHGの楽しみ方とも言えるので、理解した上で購入推奨です
もちろん簡易的な作りの為、パチ組すると1時間かからないレベルで組み上げられます

現在RIVIVE版というリニューアルした物が2016年に発売されています。
いじりつつも理想のグフを作りたい方はこちらの旧グフ、パチ組派はRIVIVEグフの方がいいかもしれません。